消費者金融アコムにログインしてできる便利な会員サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
むじんくん(自動契約機)で有名なアコムですが、今では家から一歩も出なくてもインターネットだけで全ての手続きが完了します。

まずは、スマホやPCを利用するインターネット申し込みでアコムと契約

アコムの会員になったら、「専用ID」と「パスワード」で専用公式ページにログインすれば、借り入れや返済、増額などの会員専用サービスが受けられます。店舗に出向いたり、電話をかけたりする手間が省ける便利なサービスです。

このページの中では、

これから会員になる方(申し込み)
すでに会員で、各種サービスを受けたい方
それぞれの公式ページの使い方を説明しています。
これからアコムに申し込んでお金を借りたい人は →インターネットで申し込む方法を、
すでにアコムの会員になっている人は →会員ページにログインして活用する方法をクリックしてください。

インターネットで申し込む方法

アコムってスマホで申し込めるの?
アコムはインターネット以外でも店舗やむじんくん(自動契約機)、電話でも申し込むことが可能です。
インターネットでの申し込みがもっとも手軽で融資までのスピードも早いのでオススメです。
スマートフォンやPCがあれば、場所や時間に関係なく申し込みができます。必要書類も簡単に送ることができるので審査もスムーズに進み、待ち時間もありません。入金までの時間も短くなり即日融資にも断然有利です。

また、インターネットでの申し込みは窓口やむじんくん、電話と違い、担当者などと話さないで手続きがすすめられます。話すことが得意ではない人でも、気軽に申し込むことができます。
お申し込みはこちら

※公式サイトへ飛びます

スマホ、PC、携帯でいつでもどこでも申し込み可能

スマホ申し込みがベストな理由
アコムでは、ホームページ上で申込みだけではなく、審査、借入れまですべてが可能です。書類の提出もカメラやスキャナーで撮った画像を送信することができるので、店舗に行く必要はありません

申し込みはアコムの公式ホームページで24時間受け付けています。また、電話や店舗、むじんくん(自動契約機)での申込みと比べて、待ち時間がないため審査が早く進みます

実は「スマホ申し込み」がいちばん審査に通りやすい

アコムに限らず、大手消費者金融各社や銀行カードローンなどでは、TVCMなどでさかんに「スマホで申し込み!」と連呼するようになりました。

実はこれ、理由があるんです。 申込者の「審査に通る確率」調べると、
  1.スマホで申し込み
早 2.PCで申し込み
い 3.自動契約機で申し込み
  4.ガラケーで申し込み
上記の順番で通過率が高いことがわかります。たとえばスマートフォンからの申し込みなら、毎月1万円近くの基本使用料を払っていることがわかるので「少なくとも毎月1万円の返済実績がある」と判断されます。つまり、審査に関しては最初から有利だというわけです。

逆にガラケーからの申し込みは「スマホに買い換えるお金がない」とみなされて、最初から審査要注意人物として扱われる場合が多いです。(実際に返済の滞納がいちばん多いのがガラケーからの申込者です)

消費者金融も銀行カードローンも「少しでも返済トラブルのない人」にお金を貸したいもの。テレビCMなどで連呼される「スマホでお申込み」という言葉の中には、そんな意味があったんですね。

消費者金融アコムのお金の借り方【完全ガイド】

申し込みに必要な書類

 
本人確認書類は免許証がベスト
希望額が50万円未満の場合は、運転免許証などの本人を確認できる書類だけで審査が可能です。ただし、希望額が50万円以上だったり、他での借入と合計して100万円以上になる場合には源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書も必要です。

また、勤め先の住所や事業内容、他の金融会社からの借入状況などの情報も申し込みには必要です。「いつ借りたか」までは聞かれませんが、
・何社から借りているか
・他社でいくらずつ借りているか
・毎月の返済額は、それぞれいくらか
上記の項目くらいは答えられるように準備しておきましょう。(申し込みのフォームの中に記入欄があります)

連絡先の指定について

申込み時には希望契約額の他に審査通知の連絡先などを指定することができます。申し込んだのはいいけど、家族や勤め先バレるのはちょっと・・・という場合は個人の携帯電話やメールを指定しておきましょう。

アコムの利用明細書が家に届かなくなる方法

会員ページにログインする方法と会員ページで受けられるサービス

会員ページって何?
もうすでにアコムの会員になっている場合、マイページにログインすると、いろいろな会員サービスを受けられるようになります。

アコム会員ページ(マイページ)のサービス

アコムのマイページでは主に、借り入れや返済の手続き、現在の利用状況や利用可能金額の確認、明細書の交付方法や連絡先の変更などができます。

会員ログインには、会員番号暗証番号を入力する必要があります。会員番号は契約者となれば、自動的に交付されます。アコムのローンカードに載っていますが、カードの種類によって場所が違います。

会員番号がある位置は以下の通りです。
アコムカード 会員番号

アコムのACカード(会員カード)では矢印の部分にわかりやすく載っています。
ACマスターカード会員番号位置
一方、ACマスターカードなどクレジットとの一体型では、下の矢印の部分に小さく載っています。上のクレジット番号と勘違いしやすいのでよく見て確認しましょう。

ログイン用の暗証番号は自分で設定します。個人情報が入っているものなので慎重に決めましょう。もし、暗証番号を忘れてしまった場合は、次の電話番号への連絡が必要です。ただし、営業時間は24時間ではないので注意してください。
アコム総合カードローンデスク
(フリーコール)

お問合わせ先:0120-629-215
営業時間:平日9:00~18:00

公式サイトからログインする

ログインってどうやるの?
公式サイトからログインする場合、サイトの中にある、青いリンクボタンをクリックします。
image21
たとえばアコムの公式サイトの最初のページでは
アコムログイン画面
緑色の矢印のところに会員ログインのボタンがあります。

他のページにもところどころに設置されています。赤が多いアコムのサイトの中では、青いボタンは目立つので見つけやすいです。ただし、会員ログインのボタンがないページもあるので注意が必要です。

ボタンをクリックすると次のようなログインフォームが出ます。
アコム ログインフォーム
矢印の部分に「会員番号」と「暗証番号」を、それぞれ入力します。そして、もう一度「会員ログイン」のボタンをクリックすると、自分の会員ページを開くことができます。

アプリからログインする

公式アプリを使えばすぐにログインできる
スマートフォンの場合、アコムの公式アプリである「アコムナビ」が、iTunesとGooglePlayからダウンロードできます。
アコムナビのリンク

iTunes image01 GooglePlay image14
アコムナビをインストールすると、ログインがより簡単にできるようになります。
アコムナビ ログイン
アプリを開くと「会員ログイン」のボタンがあるので、そこから直接ログインフォームを開くことが可能です。

また、会員ログイン以外にもスマホを使った書類提出や、アコムの店舗検索などの機能があります。サイトの中から毎回会員ログインのボタンを探すのが面倒な方はスマホアプリをダウンロードして使ってみるのはいかがでしょうか。

アコムの利用明細書が家に届かなくなる方法

余計なトラブルをさけるために
キャッシングをしているときに不安なことの一つが、家族や勤務先などに自分の借入れがバレてしまうこと。その大きな原因の一つは、郵送で送られてくる明細書です。もし、これが見れば、動かぬ証拠となってしまいます。
明細が家に届いたら大騒動になるよ~。
明細書をマイページで確認するように指定すれば、明細書の自宅への郵送を止めることが可能です

「電磁交付」とは

「電磁交付」はインターネット上に明細書を表示するサービスです。簡単に言えば、明細書を紙ではなく、データでの発行にするというもの。この方法を選択すれば、明細書が家に送られてくることがありません。

明細書の内容は会員ページの「明細の確認」から、いつでも見ることができます。データなので紙と違って紛失の心配もありません。

電磁交付にする手続きは?

「電磁交付」にする手続きは申し込む際に選択できます。会員登録後でもマイページにログインすれば、変更することも可能です。 会員メニューから書面の受け取り方法を「アコムホームページで確認」に変更すると、次の明細書から会員ページで確認することが可能となり、郵送が止まります。

▼電磁交付の手続き方法
明細書交付手続き1 明細書交付手続き2 明細書交付手続き3
【要注意】返済が遅れると、郵送や電話がかかってくることも…

明細書をネットで確認する方法にしても、すべての書面が郵送されないわけではありません。金融業者に郵送や電話を全面的に禁止するものではないので注意が必要です。

特に返済が長く遅れた場合、電話や書面での請求が自宅や勤務先に来ることもあります。うっかり返済期日を忘れて催促の連絡が来ないように、注意してください。

なぜ、利用明細書が必要なのか

なぜ利用明細書が毎回送られてくるの?
何かとわずらわしい利用明細書。なぜどこの金融機関でも毎月発行されるかというと、貸金業法で規定されているからです。利用明細書は「いくら借りたか」や「いつまでに返済するか」などの条件の確認はもちろん、キャッシングの契約に関する公的な証明にもなります

わずらわしい利用明細書だけど…

貸金業法では金融業者に

(1)契約するとき
(2)お金を貸すとき
(3)お金を返されるとき

にそれぞれ明細書を出すことを義務付けています。そのため、借り入れや返済のたびに利用者へ明細書が発行されるのです。

わずらわしく思える明細書の束。しかし、役に立つこともあります。
過払い金の返還願いを申し立てる時には、必ず「明細書」が必要になります。
その明細書に記載されている借入れ額や利息額をもとに、「利息の引き直し計算」が行われるからです。

万が一なにかあった時のためにも、明細書はある程度保存しておいたほうがいいでしょう。ただし、紙ではかさむし、行方不明になることもあります。その点、電磁交付だとなくなりません。ただ、公式サイト上では更新されると過去のものは見ることが出来ません。画像として保存しておいたほうがいいでしょう。

借り入れと返済をインターネットでやると銀行手数料なし!

手数料も積もればバカにならない
アコムでは専用ATMは手数料がかかりません。しかし、コンビニなどの提携ATMでは借入れや返済で利用する際に手数料がかかります。

▼提携ATMの手数料
|取引金額|手数料| |:-|:-|:-| |1万円以下|108円| |1万円超|216円| 場所が多くて便利な提携ATMですが、手数料がかさむのは痛いですよね。そこで、会員サービスの振り込み融資とインターネット返済を利用すると、銀行手数料を無料にできます。

「振込融資」のメリットは?

振込融資とは借入金が口座へ直接振り込まれるサービスです。

これだとアコムの店頭やATMに行く必要はありません。振込融資に指定するだけで、借り入れの手間と手数料をなくすことができます

「すぐにお金が必要でもアコムの店舗に行く時間がない」 「出先で店舗の場所はわからない」 「できるだけ手数料はかけたくない」 などの場合にはもってこいのサービスです。

また、「家賃を払わなければいけないのに銀行口座にお金が足りない!」など自分の口座にすぐにでもお金が必要な場合もありますよね。そんな時でも振込融資だと、借入金を口座に移し替える手間がありません

「振込融資」の手続きは?

振込融資の手続きは、借り入れの申込みのとき、振込融資を希望するだけです。マイページでももちろん可能です。時間と場所を選ばずにキャッシングをすることができます。

振込融資を利用する場合は、振込先口座の登録が必要です。申込時や会員ページの「口座登録画面へ」のボタンをクリックします。
口座登録フォームが表示されたら、各画面に従って必要な情報を入力してください。

登録が完了したら振込融資を利用可能です。借り入れをするときに「振込融資」を希望し「振込みによるお借入」のボタンをクリックしてください。
振込融資のフォームが表示されるので、振込口座を確認して、「希望額」と「振込予定日」、「明細書の送付先」を入力して振込予約を行います。

ただし、銀行によっては振込実施ができる時間が限られています。申し込みからすぐに振り込みを受けられない銀行もあります。事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

▼銀行による振込実施の受付時間と目安
楽天銀行ではほぼ24時間、即時振込を受けられます。その他の銀行でも次の日が営業日であれば、翌日には振込を受けることが可能です。

また、アコムや銀行のメンテナンスなどによって振込できない場合もあります。あらかじめ確認しておきましょう。
アコムのメンテナンス時間

・毎日23:50~0:10

・毎週月曜日1:00~5:00

リアルタイムで返済可能!インターネット返済のメリットは?

3秒後には入金されていた人も!
インターネット返済はネット上で24時間、手数料なしで返済ができるというサービスです。「ペイジー(Pay-easy)」という仕組みを利用して、スマートフォンや携帯、パソコンからの手続きに対応しています。

気が付いたら返済日だったのに予定が…などの場合にも時間と場所を選ばずに返済が可能です。返済手続きが完了すると、ほぼリアルタイムで「入金」の情報が反映されます。 ※23:50の1分前まで当日返済が可能(23:50~0:10はアコムのメンテナンス時間)

ただし、ネットの接続の状態やアクセス集中などによって手続きが遅れることもあります。「万が一」のことも考えて、1~2時間ぐらい前に手続きを始めておいたほうが安心です。なんといっても返済遅れは「滞納」ですから。
手数料は返済の時のほうがかかる

提携ATMを利用した場合、「借り入れ」よりも「返済」の時のほうが銀行手数料が高額です。理由は簡単です。それは返済の方が利用回数が多いから。

たとえば、30万円を3年間で返済する場合(年率15.00%で1ヶ月あたり返済額が10,399円)

借り入れ時(一括)
→1万円以上の手数料1回分=216円

返済時(3年間=36回分)
→1万円以上の手数料36回分=7,776円

借り入れ時にかかるATMの利用料は216円でも、返済時は利用料の合計は、7,000円以上になってしまいます(合計すると約8,000円!) 手数料無料であるインターネット返済が、いかにありがたいサービスかということがわかります。

「インターネット返済」の手続きは?

インターネット返済を行うためには
(1)アコム公式サイトのマイページでの手続き
(2)自分の口座がある金融機関の手続き
この2つをあらかじめ行う必要があります。
手続きの方法は以下の通りです。
ネット返済の手続き方法

ネット返済の手続き方法1 ネット返済の手続き方法2
会員ページでは「インターネットでのご返済」のボタンをクリックすると手続き用のフォームが表示されます。

お知らせメールでうっかり返済ミス防止

アコムでは、うっかり返済ミスをなくすために「eメールサービス」と呼ばれるサービスがあります。
eメールサービスは、返済日などの重要なタイミングごとにアコムからメールが送られてくるサービスです。大事なことをうっかり忘れていても、メールで気づくことができるので安心です。

これも公式サイトのマイページから設定が可能です。

具体的なサービスの内容は、以下でご説明いたします。

返済期日をメールで確認

うっかりミスでブラックリスト入りしないために
eメールサービスに登録すれば、返済期日の3日前と当日にお知らせメールが届きます。また、仮に返済当日が過ぎてしまってもメールは送られてきます。返済期日をうっかり忘れて、ブラックリスト入りということは、お知らせメールが防いでくれるのです。

ただし、eメールサービスはあくまで希望者が対象です。メールが増えるのはイヤだという場合は、登録しないことも可能です。そうすれば、強制的にお知らせメールが送られてくることはありません。もちろん、途中で変更することも可能です。

【要注意】ブラックリストの落とし穴

一般的に「ブラックリスト」と呼ばれているものがあります。これは「指定信用情報機関」という、ローン審査のためのデータバンクが記録している返済事故の情報(事故情報)です。

リスト化されているわけではありませんが、延滞を繰り返したり自己破産をした人がローンの申し込みをしようとする人を、審査の担当者がこの情報にをもとにいつも確認しています。

事故情報が登録される主な条件は

(1)3ヶ月以上返済が遅れた
(2)1~2ヶ月の返済の遅れが繰り返された
(3)自己破産など債務整理をした


の3つです。このいずれかの経験があると事故情報が載ることになります。事故情報が掲載される期間はおおよそ5~10年間です。

個人信用情報は、金融業者などが、貸したお金が返済されないことを避けるために収集、共有されています。実はこの中には銀行も入っています。「ブラックリスト入りするとローンが組めない」と言われているのは銀行が個人信用情報を参考にしているためです。

最近では、スマホ本体の分割払いが遅れたことが原因でブラックリスト入りする例も増えてるようです。小さい借り入れでも事故情報に載る可能性はあります。信用情報では、「返済の遅れ」はどんなものでも同じと見らてしまうのです。

カード更新をメールで確認

eメールサービスではカードの更新案内もしています。アコムのカードにも有効期限はあります。当たり前ですが、期限切れではカードは使えません。お金が必要なのにカードが使えない・・・ということがないように、メールで前もってカードの更新案内を知らせてくれます

また、他にもキャンペーン情報などを定期的に知らせてくれます。お得情報が気になる方は登録をおすすめします。

マイページで情報確認、変更手続きをスマートに!

スマホやPCでマイページをチェック
アコムの会員ページ「マイページ」では、最新のキャッシングの情報をスマホやPCからいつでもみることできます。また、契約内容や登録情報の変更も電話に比べ、簡単に行うことができます。 アコムでこれらに24時間対応しているのは、プッシュホンサービス以外ではマイページだけです。

詳しい内容は以下の通り。

利用限度額や返済期日を確認

マイページにログインすると現在の利用限度額や次の返済期日などを確認することができます。電話などと違い、問い合わせる手間も時間の制限もありません。「すぐにショッピングしたいけど、どれだけ使えるか心配…」などの場合は、その場ですぐにチェックできますよ。

eメールサービスで送られてくる支払日やカード更新情報も、もちろんマイページにあります。直前でなくてもマイページにログインすれば、自分のタイミングで確認が可能です。そのほか、過去の利用状況、利用残高、借入限度額などの情報もマイページで見ることができます。余裕を持った返済をしたい時にオススメです。

増額申請や書類の送付も簡単

マイページからは各種変更の手続きが可能です。利用限度額の増額申請や返済金額の変更など、契約内容の変更も簡単にできます。
増額申請は、マイページの「極度額等の変更のお申し込み」から手続きに進みます。増額申請を行うと、収入証明書の提出を求められることがありますが、スマホのカメラやスキャナーで必要書類の画像を撮って、マイページから送信するだけなのでとても簡単です。

キャッシングで聞く「総量規制」とは?

「総量規制」とは借入金額の合計による貸付金額の制限のことです。借り過ぎを防ぐために近年、審査基準の中に加えられました。

カードローンなどの個人の借入の場合、総量規制によって借入額の合計は年収の1/3までに制限されます。融資希望額が年収の1/3以内におさまっていても、他社借り入れとの合計金額が年収の1/3を超えると新たな融資は受けられません

貸金業者は借り入れの審査をする時に利用者の借入金額を確認する義務があります。他社との借り入れについて質問されるのはこのためです。また、50万円以上の借り入れの際に所得証明書の提出を求められるのも総量規制が理由です。

調べる時には個人信用情報の利用実績が使われるので、ごまかすことはできません。増額申請の時は他のキャッシングについても気にするようにしましょう。
また、住所や勤務先などの変更も簡単に手続きできます。引っ越しや転職をした場合はすぐに変更してください。面倒くさいからいつまでも変更しないと、ウソをついたと見なされることもありますからです。

【危険】キャッシング審査でウソをつくのは危ない!

申し込みが手軽だとバレそうにないですが、キャッシングの審査でウソをつくのは大変危険です。キャッシングは、ウソが判明した時点で契約が解除されます

解消された時点で会員資格やカードの利用はでき停止されます。すでに借りているお金は、即時の一括返済を求められることもあります

最悪の場合は詐欺や公文書偽造で訴えられる可能性もあります。刑務所行きになる上に、賠償責任が発生することも!

消費者金融は審査が甘いと思いがちかもしれません。しかし、審査の条件は甘くても、情報の正確さについてはよくみています。本人確認書類や収入証明書の提出を求めたり、勤務先への確認などはそのために行われています。

また、個人信用機関をつかって他社借入や過去の利用歴なども定期的に確認しています。

審査落ちを恐れてウソをつく人はいくらでもいます。そういう人間を消費者金融の審査担当者は見破り続けてきているのです。ウソを通し続けることはほぼ不可能と考えたほうがいいでしょう。

関連ページ

消費者金融アコムの審査・金利・返済
ついてはこちらで確認を!
消費者金融の審査基準
「審査に通るコツ」についても教えちゃうよ!!