ナニワ金融道の名言

『ナニワ金融道』の名言集 ~登場人物のセリフ編(8)~「1000万円薄井に届けて夜逃げの手伝いしてくるんや」

ダイヤルQ2を用いた債権回収(詐欺)を失敗した灰原は、協力者である薄井に夜逃げを説得。薄井も承諾します。そこで金畑社長は灰原に1千万円を渡し、夜逃げの手伝いを指示。ただの手伝いではなく、これで帝国金融との関わりを一切残さないよう言い含めるのでした。

『ナニワ金融道』の名言集 ~登場人物のセリフ編(6)~「僕に500万 出資してもらえないでしょうか!」

顧客泥沼との雑談で、ダイヤルQ2を利用した債権回収手段を思いついた灰原。夜逃げした債務者の電話回線を利用してダミーのQ2サービス作り、NTTから利用料金を騙し取って債権を回収させる作戦です。この為に灰原は金畑社長に500万円の出資を持ちかけるのでした。

『ナニワ金融道』の名言集 ~登場人物のセリフ編(7)~「この運不運というヤツは不思議なもんでしてなー こういう得意の絶頂の時にツケが回って来るんですわ」

Q2による債権回収作戦は失敗に終わり、灰原は社長から協力者である薄井を夜逃げさせるよう指示されます。何も知らない薄井は意気揚々と帝国金融を訪れますが、重い空気に事態をさとり、言い淀む灰原にこう告げて「決めたのは自分だ」と灰原を責めずに酒をすすめるのでした。

『ナニワ金融道』の名言集 ~登場人物のセリフ編(5)~「ささいなことから ヘタ打つんやで 完璧な仕事せなアカンのや」

入院した恋人背口に代わり借金を返済するため風俗嬢となり、金を用意した三宅。しかし桑田はそれを受取らず背口に渡すよう指示。嫌がる三宅を見かねて受け取ろうとした灰原に対し桑田はこう一喝。後でトラブルにならないよう完璧な仕事をしろと諭すのでした。

『ナニワ金融道』の名言集 ~登場人物のセリフ編(4)~「背口が逃げたら お前 責任とれるんか?」

深く考えずに元上司である赤名の保証人となった背口。帝国金融の社長金畑は背口に追い込みするよう灰原に指示しますが、灰原は「分割ではだめか」と甘さを見せます。これに対し金畑は「お前責任取れるんか」と返し、背口の取立てに先輩の桑田をフォローに入れます。

『ナニワ金融道』の名言集~登場人物のセリフ編(3)~「とにかく自信のないそぶりは禁物だ! 相手に悟られたら負けだ!」

落選した古井を伴い猫田・甲守の勤務先へ乗り込む灰原・桑田。しかし、その追い込みの最中、桑田に急な呼び出しが。急遽一人で対峙することになった灰原は…。

『ナニワ金融道』の名言集 ~登場人物のセリフ編(2)~「バカ者!それを応じさすのがお前らの仕事やろが!」

選挙資金の融資にあたり市役所課長猫田を保証人に立てるとした市議会議員古井。しかし帝国金融の金畑社長は、もう一人地位が上の保証人を立てさせるよう指示します。これには灰原・桑田コンビも弱気な発言をしますが、これを社長は「バカ者!」と一喝するのです。

『ナニワ金融道』の名言集 ~登場人物のセリフ編(1)~「人間てのは どんなことにも慣れられるもんやで」

1990年—-まさにバブル崩壊が翌年に控えていたこのタイミングに—-講談社の人気週刊漫画雑誌『モーニング』にて連載開始。 インパクト絶大な独特のタッチで描かれる、アクの強い登場人物や大阪を中心とした関西地区の街並み。そして何より、人間と金(借金)に関する因業深い世界を生々しく描き出すことで人気を博したのが、ご存じ『ナニワ金融道』(略称:ナニ金)です。