ブラックリストとは?その確認方法:クレカから金融ローンまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブラックリストとは?その確認方法:クレカから金融ローンまで
「ブラックリスト」というのは、支払いの延滞や債務整理などの金融事故を起こし、金融機関から新たな借り入れをすることができなくなってしまっている状態を指します。

誰もが恐れるこの「ブラックリスト」。実は自分で《ブラック入り》しているかどうか調べることができるって、知ってましたか?

方法は簡単。必要書類をそろえて、個人信用情報機関に情報開示を申し込めばいいのです。ここでは、各信用情報機関への開示請求の仕方や、《金融ブラック》になってしまう条件をくわしく解説しています。

新しくローンを組みたい、カードを作りたい。でも、もしかしたらブラック入りしているかも…と躊躇しているあなたは必見です!

ブラックリストってどんなリスト?

ブラックリストとは金融事故歴がある人
ブラックリストというのは金融のギョーカイ用語のようなもので、別に「犯罪者などの危険人物をリストアップしているファイルがある」というわけではありません。

わかりやすく言えば、「ローンの支払い延滞や債務整理などの金融事故をおこし、その記録が個人信用情報に載ってしまっている」状況のことを言います。

まずは《個人信用情報》について簡単におさらいしておきましょう。

クレジットカードで分割払いをする、キャッシングでお金を借りる、ローンを組む…などなど、金融機関でお金に関するサービスを受けると、その情報は金融データとして「個人信用情報機関」に送られ、記録されます。これが《個人信用情報》です。

この信用情報には、あらゆる金融データが掲載されます。借りた時の情報だけでなく、支払状況や残債、ローンの申込み履歴なども記録されています。

このデータは、個人信用情報機関に加盟(登録)している金融機関は自由に照会、つまり情報を見ることが出来ます。

ですから、もしあなたが引き落とし口座にお金を入れておくのを忘れて一回でも「引落し不能」になったことがあれば、その履歴も一定期間はバッチリ信用情報に記録される=他の金融機関にも筒抜け、ということになります。

ただし、一回程度の支払い遅れではさほど問題になりません。問題になるのは長期&頻繁な延滞や債務整理などの重大な「やらかし」事故のみです。これらの金融事故を起こすと、信用情報に《異動》というネガティブ情報が書き込まれます。これがいわゆる「ブラックリスト入り」。こうなると金融機関も最大の警戒態勢に入り、「踏み倒しの恐れアリ」としてお金を貸してくれなくなってしまうのです。


ブラックリスト入りしてしまう具体的な条件については、こちらの項目で説明しています。

ブラックか知りたい!自分で調べる方法とは

個人信用情報を管理している指定信用情報機関は3つあります。各金融機関は、このうちのどれかに加盟し、顧客の金融情報を提供しあっています。(複数の情報信用機関に加入している金融機関も有ります)

信用情報機関 利用金融機関
CIC(㈱シー・アイ・シー) クレジットカード会社や携帯電話会社が利用
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融会社や信販会社が利用
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行や信用金庫などが利用
この信用機関情報というのは、なにも金融機関だけの企業秘密というわけではありません。知りたければ、自分で調べることもできるんですよ。

もし「もしかしたらブラックかも…」「ローンの申し込みをする前に自分の信用情報を確認しておきたい」と思ったら、信用情報機関に情報開示請求を行いましょう。これからその方法を説明します。

クレジットカード・携帯のブラック確認方法

クレカや携帯会社はCICに加盟していますので、CICへ個人信用情報の開示請求をすることになります。

方法は以下の3つ。

開示請求方法 金額・支払方法
(1)インターネット(PC、スマホ、携帯) 1000円(クレカ一括払い)
(2)郵送 1000円(定額小為替)
(3)窓口(管轄地域の開示相談室) 500円(現金)
1番早く情報を取り寄せられるのが、インターネットでの開示請求です。郵送開示では10日ほどかかりますし、窓口の場合は管轄センターまで出向かなければいけません。インターネットなら、早ければ当日に開示情報を見る(ダウンロード)ことができます!

手数料は窓口が現金で500円、インターネットがクレジットカード(一括払い)で1000円、郵送が定額小為替で1000円かかります。

開示情報を取り寄せたらまず「26 返済状況」という欄を見てください。ここに《異動》の文字があればブラックということになります。


こちらの記事でよりくわしく解説しています。


公式HPはこちらです。

㈱シー・アイ・シー

消費者金融のブラック確認方法

消費者金融のブラック情報を確認するのは、JICC(日本信用情報機構)になります。

方法はこちらも3つです。

開示請求方法 金額・支払方法
(1)スマホ 1000円(クレカ一括払い、コンビニ、ATM、オンラインバンキング)
※ただし、クレカ以外は支払い手数料161円が別途かかります。
(2)郵送 1000円(クレカ一括払い、定額小為替)
(3)窓口(東京もしくは大阪の開示窓口) 500円(現金)
やはりスマホが1番手っ取り早いですが、専用アプリのダウンロードが必要になることと、開示結果は自宅への郵送になる点を注意して下さい。スマホ開示請求の場合手数料は1000円で、クレジットカード(一括払い)・コンビニ・ATM・オンラインバンキングから支払い方法を選べます。クレカ一括以外は支払い手数料(161円)が別途かかります。

郵送開示請求も1000円で、クレカ一括か定額小為替での支払いになります。窓口ならCICと同様、現金で500円支払います。

必要な本人確認書類はこちら。

・運転免許証
・住民基本台帳カード
・障害者手帳
・健康保険証
・パスポート
・在留カードもしくは特別永住者証明書


以上の中から1点
ブラックかどうかを確認するには、『ファイルD』という開示書の、「異参サ内容/異参サ発生日」という欄を見てください。ここが全て空欄ならセーフ。事故情報が記載されていれば、ブラック入りしている可能性が高いです。

JICC ブラックリスト 個人信用情報
その他具体的な手順や最新情報は公式HPでご確認ください。

JICC(日本信用情報機構)

銀行のブラック確認方法

銀行や信用金庫などの個人信用情報はKSC(全国銀行個人信用情報センター)へ開示請求をおこないます。

KSCの本人開示請求方法は、現在郵送のみ可能です。(窓口での受け付けは現在行っていません)

申込用紙をダウンロードし、本人確認資料と手数料1,000円分の定額小為替証書を同封し、センターあて郵送します。

本人確認資料は以下の通り。

・免許証(コピー)
・パスポート(コピー)
・住民基本台帳カード(コピー)
・マイナンバーカード(コピー)
・健康保険証(コピー)
・年金手帳(コピー)
・福祉手帳(コピー)
・戸籍謄本・抄本(原本)
・住民票(原本)
・印鑑証明(原本)


以上のうちいずれか2つ(ただし1つは現住所が確認できるもの)
郵送でのやりとりですので、結果が到着するまで一週間から10日ほどかかります。余裕をもって申し込みするようにしましょう。

ブラックかどうかを調べるなら、届いた「登録情報開示報告書」の以下の区分を見てみてください。

返済区分
返済区分発生日
延滞解消日
完了区分
完了区分発生日

「返済区分」が《延滞》になっていて、「延滞解消日」に記載がなければ、現在進行形で延滞中ということです。また、「完了区分」に、《代位弁済》《保証履行》《強制回収手続》《移管》の文字があれば確実にブラック入りしています。
また、『自己破産』や『個人再生』を行っていれば、「官報情報」の欄に事件番号が記録されています。もちろん、即ブラックリストです。

KSC ブラックリスト 個人信用情報 KSC ブラックリスト 個人信用情報2
その他具体的な手順や最新情報は公式HPをご確認ください。

全国銀行個人信用情報センター
◆個人信用情報機関が違ってもバレる!?CRINとは

個人信用情報機関にはCIC(クレカや携帯会社)、JICC(消費者金融)、KSC(銀行)の三つがあり、基本的に金融機関が自由に見ることができるのは、加盟している信用情報機関の掲載情報のみです。「それなら、消費者金融で延滞があっても、クレカには関係ないんじゃないの?」と思われた方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

実はこの3つの情報機関、相互に金融事故(異動情報)を提供しあっています(CRINと言います)。

程度の軽い延滞情報や契約内容は公開されていませんが、いわゆる《ブラック入り》するような重大な延滞や金融事故情報は、情報機関が違っても確認することができるのです。たとえば、消費者金融でブラック入りしていれば、クレカの審査でもその事実がバレてしまう、ということですね。

ちなみに、KSC(銀行系)は平成27年1月にCRIN間の情報交流を停止しました。これにより銀行での金融情報はクレカや消費者金融のキャッシングに影響しない可能性が出てきましたが、銀行と提携している消費者金融や信販会社は、銀行側からの情報を提供されているとみておいてください。

「金融情報は全て筒抜け」くらいの気持ちでいれば、間違いは無いでしょう。

気を付けよう!ブラックになるのはこんなケース

ブラック入りしてしまう条件をチェック
さて、「程度の重い金融事故」でブラック入りしてしまうことは説明しましたが、具体的にどのようなケースが《ブラックリスト(金融事故者)》になり、新たな金融サービスを受けられなくなってしまうのか。金融会社が警戒する事故の条件を知り、出来ることならブラックリスト入りを未然に防ぎたいものですね。

支払いの延滞でブラック

クレジットカードで商品を分割購入したり金融機関でお金を借りたりしたあと、何かの理由で返済が滞ってしまい、ブラックリストに入ってしまう。これがもっとも多いブラック入りのパターンです。

理由は「お金がない」「払いたくても払えない」という深刻な事情から、「引き落とし口座への入金忘れ」「返済し忘れ」といったうっかりミスまで様々です。ただし金融機関もイチイチ事情を聞いて対応してくれるわけではありません。「ある一定のボーダーライン」を超えると(ブラック)事故として自動的に登録されることになります。

支払い延滞の場合は、61日以上の延滞(返済日から)、または3ヶ月連続での遅延です。

意外とユルいじゃん、と思った人は要注意。さきほど「うっかり延滞」について触れましたが、「まだ余裕があるから後でいいや」と思っている人ほど、簡単にブラック入りしてしまう傾向にあります。

また、《異動(金融ブラック)》とまではいかなくても、頻繁に延滞を繰り返していればとうぜん金融機関の信用は失われます。最悪途上与信(契約の途中で再審査を行うこと)で契約を打ち切られたり、枠を減らされたりする可能性だってあるんです。油断せずに引き落とし口座の残高はきちんと管理しておく、返済は余裕をもって行う、などの対策はしておくようにしましょう!

代位弁済でブラック

代位弁済というのは、債務者(お金を借りている人)が返済できなくなった時に、契約している保証会社や(連帯)保証人が代わりに金融機関へ返済を行うことをいいます。

したがって、「保証人・保証会社」が入っている借入れであることが前提。保証人を入れず借りる人の「信用」だけで成り立っているクレジットカードや貸金業者の一般キャッシングには関係ありません。多くは住宅ローンや事業資金の借入れですね。

ただし!!

同じキャッシングでも、銀行のカードローンは別です。銀行カードローンの場合、保証会社として消費者金融会社や信販会社をおいています。つまり、返済が滞れば保証を請け負っている貸金業者が代位弁済するということ。目安としては3ヶ月以上延滞をすると、代位弁済に移るケースが多い様です。

保証人(会社)が代位弁済をすると、その後の債権は保証人に移行しますので、返済はそちらへ行うことになります。借金がなくなるわけじゃないんですね。また、代位弁済になると自動的に「ブラック入り」してしまうのも怖いところ。その後保証会社へ返済をしても、ブラック情報は一定の期間消えることはありません。もちろんカードローンは使えなくなります。

債務整理でブラック

契約通りの返済ができなくなり、借金の減免をしてもらう「債務整理」は、金融会社がもっとも怖れるパターンです。

言葉は悪いですが「踏み倒し」の前科がついているわけですから、金融会社にとって「1番貸したくない人」としてマークされてしまうのです。したがって、とうぜんブラック入り。信用情報には《異動》の文字が最高10年も残ることになります。

債務整理には

1.任意整理
2.特定調停
3.個人再生
4.自己破産


の4つがあります。基本的には全て即ブラック入り(「過払い金返還請求」の場合はセーフ)ですが、特に自己破産になると借金そのものをチャラにされているわけですから、債務整理の中でももっとも長期間に渡るペナルティ(ブラック期間)が与えられてしまいます。この期間についてはこちら「ブラックリストに入ってしまったら…」で解説しています。

申し込みブラック

実は金融機関にローン(キャッシング含む)やクレジットカードの申込みするだけで、信用情報に履歴が記録されてしまうってこと、知ってましたか?

これにより、短期間に多くの融資申込みをすることで金融機関から警戒され、審査に通らなくなってしまう状況を「申し込みブラック」と呼んでいます。

申し込みブラックは《異動》情報ではないため、厳密には「ブラックリスト」ではありませんが、一定期間借り入れができなくなってしまうという点においては同じ。一般的には1か月に4件以上の申込みがあるとアウトになってしまいます。

申込みブラックをふせぐためには、一月の申込みを3件以内に抑えることを徹底してください。また、どうしても同時に複数申込みをしたい場合は、同じ日に(3件まで)申込みを行えば、申込み履歴にデータが残る前に審査を受けることができます。

この申し込み履歴の掲載期間は6ヵ月間です。この期間を過ぎれば情報は消えますので、その後の審査には影響しません。

見落とし注意!携帯料金や奨学金の滞納も

奨学金の滞納もブラック入りの条件に…
「クレカの分割も使ってないし、キャッシングもしてない。だからブラックにならない!」と思っている人に警告です。

まず一つ目。《延滞ブラック》の中で急増しているのが、携帯電話の支払い延滞なんです。

携帯電話(特にスマホ)の本体価格は、実際はかなり高額。そこを長期で利用してもらいたい携帯会社が「2年契約なら実質ゼロ円!」といった謳い文句で宣伝してくるわけですが、実際割り引かれているのは通話料金などの基本料金です。つまり、機種代そのものではなく、携帯自体は割賦(分割)払いで購入していることになります。

ここを勘違いして携帯料金を滞納してしまい、結果金融ブラックになってしまう人が増えているんです。

また、最近社会問題として取り上げられることが多いのが《奨学金ブラック》

奨学金事業は「日本学生支援機構」というところで行われていますが、不況などの影響で返済がされないケースが年々増加。制度の維持が難しいレベルにまで達しています。そこで日本学生支援機構は平成20年に信用情報機関の1つである「KSC(全国銀行個人信用情報センター」に加盟、奨学金の滞納者をブラック入りさせることになりました。

レッドカードを出される(ブラック入りする)条件は他と同じで、3ヶ月以上の滞納です。また、延滞の取り立て業務はその道のプロ(債権取立会社)に委託していますので、督促はかなりしつこいです。最終的には強制執行で給料などの差し押さえが行われるケースもありますので、もし返済が難しくなった時には、すみやかに日本学生機構のスタッフへ相談するようにしましょう。

ブラックリストに入ってしまったら…

上に書いたような金融事故を起こし、個人信用情報に《異動》などの重大事故情報が載ってしまうと、新しくお金を借りたりクレカを作ろうとしても、審査の時点で落とされてしまいます。そう、金融ブラック入りしてしまったら、あとは個人信用情報から履歴が消えるまで待つしかないのです。(借金自体が残っていなければ、ブラック中でも中には貸してくれる消費者金融があるかもしれませんが、借りれても数万円程度でしょう)

逆に言えば、一定期間を経過すれば、ブラック情報は信用情報から消え、再び金融サービスを受けられるようになるということ。この期間については信用情報機関によって変わってきます。

▼ CICのブラック掲載期間
ブラック事故 掲載期間
61日以上の延滞 5年
3ヵ月連続の延滞 5年
任意整理・特定調停・個人再生 5年
自己破産 7年
▼ JICCのブラック掲載期間
ブラック事故 掲載期間
61日以上の延滞 1年
3ヵ月連続の延滞 5年
代位弁済 5年
任意整理・特定調停・個人再生 5年
自己破産 5年
▼ KSCのブラック掲載期間
ブラック事故 掲載期間
61日以上の延滞 5年
3ヵ月連続の延滞 5年
代位弁済 5年
任意整理・特定調停・個人再生 5年
自己破産 10年
上に書いてある期間を過ぎれば、再び借入をしたりカードを作ったりすることも可能になります。

ただし、金融事故をおこした会社には、半永久的に事故記録が残されてしまうものと考えてください。一度借金を踏み倒された人間に再びお金を貸すほど、金融業者はお人好しではありません。ブラック解除になったからといって同じ会社に申し込んでも、審査に通らない可能性が高いのです。新しく借りるなら、借入先はよく選ぶようにしてください。

関連ページ

「ブラックリスト」についてもっとくわしく!
「ローン審査」についてはこちら!