クレジットカードのブラックリストの人がお金を借りる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
クレジットカードのブラックリストの人がお金を借りる方法
クレジットカードで延滞などの金融事故を起こした場合、「ブラックリスト入り(BL)」といって、個人信用情報に履歴が掲載されてしまいます。

この信用情報は各金融機関で情報を共有していますので、こうなると新しくカードを作ったり、お金を借りたりといった金融サービスを受けることができなくなってしまうのです。

ただし、《今後一生》ではありません。一定の期間をおけば、再び融資を受けることも可能です。

では、いつからなら借りれるようになるのか?どこのローンなら借りやすいのか?そもそも、自分は本当にブラックなのか?

「何回か引き落とし不能になったことがある!」「キャッシングしたのに返済を忘れてしまった」などなど身に覚えのある方は、まずこの記事をよーく読んでください。勘違いしていたこともきっと多いはず。クレカのブラックリストの仕組み、そして新しくお金を借りるために必要な知識を、一緒に勉強していきましょう。

ブラックリストでもお金は借りれる?

クレジットカードで長期延滞などの金融事故を起こし、今現在《金融ブラック》になっている状態なら、残念ながらそのままの状況でお金を貸してくれる民間の金融機関はナイ、と言っていいでしょう。(ヤミ金以外)

今はブラック情報が消えるのを待つしかありません。

しかしそもそも、本当にブラックリストになっていますか?

キャッシングを申し込んで審査で落とされたからといって、イコール「ブラックリスト」というわけではありません。「審査に通りにくい」と「ブラックで絶対に借りれない」のとは違います。そこのところを誤解されている方も非常に多いんです。

ブラックまではいかないけれど、キャッシングやカードの審査に通らない、通りにくい。こういうケースはきちんと対策を取れば借りれるローンが存在します。こちらの記事も合わせてご覧ください。

《クレジットカード》でブラックリスト入りしてしまう理由

《クレジットカード》でブラックリスト入りしてしまう理由
ブラックリストというと、まるで犯罪者や破産者の情報だけを集めたマル秘ファイルのようなものがありそうなイメージですが、実際はそうではありません。

金融機関でお金を借りたり、カードを使ってショッピングをしたり、携帯電話を分割払いで契約したりといった金融サービスと受けると、支払い状況を含めたその情報は加盟店を通して「個人信用情報機関(クレカの場合はCIC)」に送られ、データ化されます。これが個人信用情報です。程度の重い金融事故を起こすと、ここに《異動情報》として履歴が記録されてしまいます。

このことをいわゆる「ブラックリスト入り」と呼んでいるのです。金融関係のネガティブ情報(金融事故情報)を金融機関間で共有し、「貸すとマズそうな金融事故者」を選別しているというわけですね。


では、クレジットカードで金融事故扱いになってしまう(BL入り)のはどんなケースでしょうか?

61日以上の延滞、3ヵ月連続の遅延

口座にお金を入れるのを忘れて、引き落としができなかった!という経験がある人は多いと思います。その時点で即ブラック入りしてしまうかといえばそうではなく、ある程度の猶予が設けられています。

クレジットカードでいえば、60日が目安。つまり、引き落とし予定日から丸2ヶ月(61日)以上放置してしまうと、《金融事故》として信用情報に記録されてしまうというわけですね。逆に言えば、一度くらい引き落とし不能になってしまっても、60日以内にきちんと支払いができればブラックにはならないということです。

ただし、3回連続で支払の延滞をやってしまうと、これまたブラック入りの対象となってしまいます。

また、ブラックにはならない範囲とはいえ、何度も残高不足をやらかしてしまうと、カード会社の印象はガクンと下がります。信用情報機関に《異動(ブラック)》として記録される前に、カード会社の《自社ブラック》としてマークされてしまう可能性が高くなるのです。

遅延の履歴が複数回ある人は、契約の途中で随時行われる「途上与信(他社の借り入れ状況等の定期確認)」において、かなり厳しくチェックされるとみてよいでしょう。ショッピング枠やキャッシング枠を減らされることも考えられます。金融事故まではいかなくても、入金に遅れが出た、という情報があるだけであらゆる審査において不利になることは確実です。

◆携帯電話でブラック!?

最近、携帯電話の支払いが滞ることでブラック入りし、お金が借りれなくなったりカードが作れなくなったりするケースが増えています。

携帯電話本体は一括で購入すると高額なため、2年契約で通話料金などと一緒に分割で支払うケースが多いですよね。様々な割引が効くことによって、「実質ゼロ円!」と宣伝されている機種もあります。(割り引かれているのは通話料金の方で、端末代そのものではありません!)

しかし、これも立派な分割払い(割賦払い)。支払いが遅れれば、個人信用情報に傷が付いてしまいます。これが原因で住宅ローンを断られたという人も。

逆もまた然りです。クレジットカードやカードローンなどの延滞履歴がある人は、携帯電話の分割購入を断られてしまうことがあります。

一括払い以外の支払い方法は全て借金であると考えてください。「うっかり延滞」をふせぐためにも、引き落とし口座の残高管理はきちんとしましょうね。

債務整理をしている

債務整理、つまり契約通りの返済が続けられず借金を減免してもらった場合には個人信用情報にバッチリ《異動》が記録されてしまいます。金融機関がもっとも恐れているのがこれ。言葉は悪いですが、貸したお金を踏み倒されてしまうわけですから、当然といえば当然ですね。

債務整理を行ったことがわかれば、まず貸してくれる金融機関はありません。
(ヤミ金などは別ですが)

債務整理にも色々あり、その程度によってブラック入りする期間は変わっています。特に自己破産を行った人は、「完全に借金をチャラ」にしているわけですから、金融機関にとっては一番貸したくない相手といえます。したがって、かなり長い期間、新たな借り入れは不可能となります。

申し込みブラック

立て続けに申し込むと「申し込みブラック」に!
申し込みブラックというのは、短期間に何社ものカードに申し込みをしてしまい、結果審査に落とされてしまうというケースのことを言います。

こちらは信用情報に「異動」が載るわけではないので、厳密には「ブラックリスト」ではありませんが、記録が消えるまでの一定期間は審査に通らなくなる、という点では「みなしブラック」と言えます。

知らない人も多いかもしれませんが、実はカードに申し込みをするだけで個人信用情報には記録が載ってしまいます。短い期間にいくつもカードに申し込みをした形跡があれば、「この人はどれだけお金に困ってるんだ…」と金融会社もドン引きしてしまうわけです。一般的にはひと月に3社まで。これを超えると申し込みブラックとなり、金融機関に警戒されてしまいます。

この記録は半年間残りますから、新しく申し込みをするなら半年待たないと審査に通りません。「どれかに引っかかるだろう」と安易な気持ちで数打ちするのはやめておきましょう。

どうしても複数申し込みたい、という人は、一日の間に複数件申し込みをしてください。信用情報にデータが記録される前に審査を受けることができます。ただし、ひと月の限度である3社までに抑えることが大事です。


◆ブラックでも作れる?デビットカード

「デビットカード」という名前を聞いたことはありますか?

VISAデビットカードなどが有名で、「ブラックでも作れる!使える!」と評判になっているようです。確かに審査ナシで作れるカードですが、クレジットカードとは似て非なるものです。

というのも、このカードを使って決済できるのは、実際に銀行の口座に入っている金額分だけ。つまり、お金をおろす手間を省いてキャッシュレスで買い物ができるというだけで、使えるのは残高の範囲内。「後払い」にはできないということですね。もちろん、キャッシング機能でお金を借りることもできません。

実際の残高以上は使用できないため、延滞などのリスクはゼロですから、審査なんて必要ないというわけです。

「ブラックでもクレジットカードと同じように使えるカードがある!」と期待していた人にはがっかりかもしれませんが、それでも現金を下ろす手間無く買い物ができる、年間利用額からキャッシュバックがある、といった利点があることは確かです。

「使い過ぎない」という点から、マネーコントロールを身に付けるツールとしてちょうどいいかもしれませんね。興味をもたれた方は検討してみては如何でしょうか。

クレカのブラック、いつまで待てば借りれるの?

CICに異動情報(金融事故)が掲載される期間は以下の通りになります。

CICブラック情報掲載期間
61日以上の延滞 5年間
3ヵ月連続の延滞 5年間
申し込みブラック 半年
債務整理(任意整理・特別調停・個人再生) 5年間
自己破産 7年間
この期間を過ぎれば、CICの個人信用情報からはデータが消えますので、新たな借り入れも可能になります。

ただし!

(1) 「金融事故が起こってから」ではなく「返済が完了してから」の期間なので、ずっと支払いが滞っている人は絶賛ブラック中

(2) 一度ブラック事故を起こした会社には、独自の社内ブラック情報が半永久的に残っている可能性が高い

この2点は注意してください。特に延滞や債務整理などを起こした会社では二度と借入ができない可能性があります。新しく借りるなら、全く別の会社を選んだ方が良いでしょう。

◆ブラックが消えても審査に落ちた!?保証会社に注意!

「ブラックリストの掲載期間も終わったし、住宅ローンやカードローンにやっと申し込める!」と思ったときに注意して頂きたいのが、借入先の選択です。

銀行のカードローンは、審査・保証に消費者金融や信販会社をおいています。

個人信用情報のブラック履歴が消えた後も、金融事故を起こした会社には記録が残ります。したがって、その金融機関を保証会社として使っている銀行に融資を申し込んでも、審査で落とされる可能性が高いのです。

主な銀行と保証会社
銀行 保証会社
オリックス銀行 オリックスクレジット㈱もしくは新生フィナンシャル㈱
イオン銀行 イオンクレジットサービス㈱もしくはオリックスクレジット㈱
みずほ銀行 ㈱オリエントコーポレーション
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス㈱(プロミス)
融資を受けるなら保証会社まできっちり確認してからにしましょう。

ブラックかも!どうしたらいい?

もし「延滞してしまった…」「携帯の支払いができなかったことがある、私ブラックなの?」といった心当たりがある人は、そのままの状態で借入の申し込みをするのは危険です。

自分の信用情報を確認してみよう


まずは自分の信用情報がどうなっているかを確認するのが先決。「そんなこと言っても、マル秘情報なんでしょ?」と思われた方。実は、この個人信用情報、あなた自身も見ることができるんです。

信用情報センターにインターネット、郵送、窓口の3つのうちどれかの方法で信用情報開示請求をすれば、手数料500~1000円で(本人に限り)情報開示してもらえます。

詳しい開示請求方法や内容の見方についてはこちらで説明していますので、請求の際の参考にしてください。


ここで異動(事故)情報が載っていなければ大丈夫。ブラックリストではありませんので、融資の申し込みもできます。(ただし、支払遅延の履歴がある場合は審査に影響するかも…)

クレカ以外のキャッシングならOK?

クレジットカードでブラックリストになっていても、CICに加盟していない銀行や消費者金融なら、BLがバレずにお金が借りれるんじゃない?と思ったあなたは甘いです。

指定信用情報機関には以下の3つがあります。

CIC→クレカ会社や携帯会社が利用
JICC(日本信用情報機構)→消費者金融や信販会社が利用
KSC(全国銀行個人信用情報センター)→銀行や信用金庫などの銀行系が利用

この3つ、実は《CRIN》というネットワークで情報を共有しているのです。

つまり、CICに加盟しているクレカ会社での事故情報を、JICC加盟の消費者金融やKSC加盟の銀行も閲覧可能、というわけなんですね。

したがって、クレジットカードで延滞や踏み倒しを起こして他の会社で借りようと思ってもムリ、あなたのブラック情報は筒抜けです。大人しくブラック履歴が消えるまで待ちましょう。急いで借りたいからといって、「ブラックでも貸します」などとうたっている金融機関に駆け込むのは危険ですよ!かなりの確率でヤミ金です。

もし新たな借り入れを考えているのが銀行なら、その間に銀行口座を開設し、給与振込や支払関係などを徹底的にその銀行で行い利用実績を作っておくと、後で申し込みをした際、審査に通りやすくなります。

賢い借入先の選び方

ブラック明けに選ぶべきカードローンのポイントとは
ブラック情報が信用情報履歴から消えて、新しくお金を借りようと思ったら、大切なのは借入先の選び方です。
・ブラック事故を起こした会社を避ける
・ブラック事故を起こした会社を保証会社においている銀行も避ける
・低い金利で借りれるローンを選ぶ
・審査に通りやすいローンを選ぶ
クレジットカードや消費者金融のキャッシングは、法定上限金利の高金利で貸付をしていることが多く、おすすめしません。

また、昨今はカードローンの審査・保証に消費者金融や信販会社を利用している銀行が多いですから、審査程度は銀行も貸金業者も変わらない、と見て良いでしょう。

銀行なら金利が低く、消費者金融より高額融資も狙えますから、おすすめです。

これまで現金はクレカのキャシングで補ってきたという方、もったいないですよ!


借金解決診断シュミレーターの利用方法(ここから診断申し込み可)

関連ページ

ブラックリストについてもっとくわしく!
「ローン審査」についてはこちら!