クレジットカードの借金150万、おまとめローンとバラ返済どっちが得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
クレカの借金150万、おまとめローンとバラ返済どっちが得?
「おまとめローン」について教えてください。
今度結婚する相手がクレジットカードからキャッシングしてしまって、 JCBが35万、VISAで55万、Master cardで60万 合計150万を返しています。 いろいろ調べておまとめローンがあると知りました。このままバラバラに返済した方がいいのか、まとめて返済した方がいいいのか悩んでいます。教えてください。

結論からいえば低金利のおまとめローンにした方がお得です。
おまとめローンとは、数社から借り入れのあるローンをひとつにまとめるローンのことをいいます。ですから、複数の金融機関からの高い金利で借り入れているローンでしたら、それを一本化することによって、金利を低くし、実際に払う返済総額を抑えることができます。

今回の場合、3つの会社から借りている借金が一本化されるため、合計150万円を一社で借りることとなりますが、現在3社で借りている会社の金利よりも、次に借りる金利が安くないと、いくらおまとめローンを組んだとして意味がありません。

今回の場合、3社ともクレジットカードのローンですから、だいたい金利は15〜18%。少なくとも年利14%以下、できれば10%以下で一本化が理想です。
このページでは、実際にクレジットカード3社で(A社で35万、B社で55万、C社で60万)合計150万円の借金があった方のケースについて「どのような借金返済方法が得だったのか」を、返済金額の計算を交えながら考えてみます。

200万円以下の借金では債務整理や自己破産をするほど大きな金額でもないでしょう。はたして、おまとめローンで借金を1本化したほうがどれだけお得なのでしょうか?

この方の場合、A社のカードとB社のカードはキャッシングとして利用。C社のクレジットカードはリボ返済を選んだので、3社150万の借金の実際の返済はこのようになります。

Aカード Bカード Cカード
借入額 35万円 55万円 60万円
利率 18% 18% 15%
返済方法 元金定額払い
毎月5日
1万円+利息
元金定額返済
毎月10日
15000円+利息
元利定額返済
毎月25日
2万円
返済回数 35回 37回 42回
総返済額 444,163円 708,026円 814,811円
利息合計 94,163円 158,026円 214,811円
クレジットカードでの返済を続けると、150万円の借金に対して、合計返済額が1,967,000円!利息が約47万円(467,000円)

借入残高200万円以内なら、比較的簡単に低金利の銀行系カードローンへ借り換えることが可能です。

結論から言うと「おまとめ」すべし!

おまとめすれば金利負担が減らせる可能性大

1. 支払い総額はこれだけ減る!

クレジットカードの金利は高く15~18%を設定されていることが多いです。

また、クレジットカードでキャッシングした場合の返済方法が一括またはリボ払いのどちらかです。リボ払いは月々少額の返済額=返済が長期になり、その分利息を多く払うというデメリットがあります。

これに比べ、銀行系カードローンですと100万~200万円の借入れで9~14%程度の金利ですみます。

たとえば、150万円を金利12.6%のカードローンに1本化すると

月々 46,118円 40回払い
合計返済総額 1,844,711円
利息 344,711円
クレカ リボ返済(35,37,42回払い)
合計返済総額 1,967,000円
利息 467,000円
ほぼ同じ返済期間、月々の返済金額にもかかわらず、合計で12万円以上の差(122,289円)が出てきます!

カードローン会社のウェブサイトによっては、返済シミュレーションができるようになっていますので、事前に計算してみましょう。

2. 返済日が月に一回になる

月に2回以上返済日があると、借金返済のことばかり考えなくてはならなくなり、相当なストレスですよね。

金利も支払い日もバラバラでは、面倒なうえに返済状況をきちんと把握しにくくなります。

おまとめで借金を1本化すれば、返済日は月に1回ですみます。返済日を忘れて遅延損害手数料の心配もしなくてすみますね。

ローン一括見直しならこの銀行

1. 総合力ならココ!


オリックス銀行カードローン

ネット銀行ながら、利用しやすさには定評があります。消費者金融より金利も低いので、ローン見直しにもオススメ!

100~200万円で金利12.8%~14.8%
銀行なのに審査レベルが高すぎない
限度額800万円
月々の最低返済額は7千円から
提携ATMはすべて手数料無料
ネットから24時間申し込み受け付け

2. 低金利ならココ!

借り入れをひとつにする最大の目的は、複数の借金をまとめ、より金利の低いローンに換えて返済総額を減らすことですから、当然低金利のローンを探すべきですね。

金利の高い消費者金融のローンは避けて、銀行のカードローンに申し込むのが正解です。

ここでは、金利が低く利用しやすい人気の銀行カードローンを紹介します。

楽天銀行スーパーローン

金利が断然安く、楽天銀行に口座は必要ですが審査時間も短くオススメです。

100~200万円で金利9.6%~14.5%(※極度額によって適用金利は変わります)
すでに口座があればスピーディな融資が可能
毎月の最低返済額は2千円から
ネットから24時間申し込み受け付け
インターネット返済可能


楽天銀行スーパーローン完全ガイド
※神奈川県・東京都・群馬県(桐生市・前橋市・高崎市)に住所か勤務地がある方なら、横浜銀行カードローンも低金利で、乗りかえ向きです。

横浜銀行カードローン

3. 返済方法にも注意!


返済方法や返済日には、銀行カードローンによって違いがあります。借りる時のことだけではなく、返済方法にもよく注意してみてください。

返済方法には3つあります。
自動引き落とし
返済日に指定口座から引き落としされます。すべての銀行が対応しています。

ATMで返済
銀行やコンビニのATMを利用する場合、手数料(108円または216円)が別途必要な場合があります。

少額でも何度も利用すればバカになりません。その分、借金返済にまわすべきです。

インターネットで返済
自宅や職場のパソコンから簡単にすませられ、ATMの列に並ぶ必要がありません。
また、返済日にも注意してください。

・引き落とし日を自由に設定できる
・返済日を選択(5日、15日、25日から選択等)
・毎月10日など決まっている

というように銀行によってサービスが違います。

引き落とし日に残高不足の心配をしなくてすむように、給料日直後にに引き落とし日を設定できるかもポイントです。

おまとめの失敗例

1. おまとめ専用ローンってどう?

「おまとめローン」と言うと、アコム・プロミスなど消費者金融や東京スター銀行などの「おまとめ専用ローン」を考えつく人も多いでしょう。

実は、「おまとめ専用ローン」の利用には注意が必要です。

まず、東京スター銀行のおまとめローン「スターワンバンクローン」ですが、最高1000万円と限度額も高く他社への返済を代行してくれるのでおまとめを成功させやすいです。ただし、年収200万円以上の社員(派遣・契約OK)の方しか申し込めません。

次に、消費者金融のおまとめ専用ローンですが、こちらはとても審査が厳しいことで有名です。その理由は簡単。

おまとめローンを利用するのは、多重債務を抱えている方だけだからです。

つまり、「多くの多重債務者の中から、ひとにぎりの返済能力の高い人だけ審査に通す」という方針だということです。

なので、当サイトでは通常の銀行カードローンを利用して、ご自分で「おまとめローン」をしてみることをオススメしています。

実は通常の大手銀行カードローンは、審査ハードルが以前より下がり、金利も低めに設定されています。アコムやプロミスなどの消費者金融が審査を担当するようになり、ごく一般の方(多重債務者でない方)が多く利用するので、貸し倒れが少ないぶん審査を甘くしても充分に利益が出るからです。

2. 金利の高い消費者金融はダメ

アコム、プロミス・アイフルなどの消費者金融は、金利が15~18%程度と高めに設定されていますので、おすすめできません。

近年は銀行系カードローンも保証会社として大手の消費者金融が審査まで行うところが増えたため、審査基準も驚くほど低くなっています。

また、総量規制という法律により、消費者金融から150万円を一括で借りようとすると年収がその3倍の450万円以上必要です。銀行カードローンの場合、適用される法律が違うため、銀行側が「返済可能」と判断すれば、必ずしも3倍もの年収は必須ではありません。

※ただし、2017年春より銀行カードローンの自主規制の強化が進められ、融資限度額も大幅に抑えられるようになってきています。今後は消費者金融と同じように「融資は年収の1/3まで」という銀行も増えてくるかもしれません。

3. 過払い金請求はないか?

おまとめの唯一デメリットは、「過払い金請求」をするチャンスを逃してしまう可能性があるということです。

過払い金請求とは、過去に法定以上の高金利で借金をしていた場合に、払い過ぎた分を請求し、返金してもらうことをいいます。

特に法改正が行われた平成22年までの間にキャッシングローンを組んだ人は高金利で貸付されていたケースが多く、過払い金が戻ってくる可能性が十分ににあります。

これを知らずにおまとめしてしまった場合、もとの高金利ローンは完済されたことになるんですね。

もちろん、完済後でも10年以内であれば、過払金返還請求は出来ます。しかし、弁護士に相談する費用がかかるうえに面倒ですよね。

ローンを長く払い続けている方はこの点に注意しましょう。

関連ページ

「金額別の借りやすい」カードローン
「審査に通りやすい」おまとめローン!