石田純一の借金地獄! ~人気トレンディ俳優が「不倫は文化」の一言で8000万の借金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
元プロゴルファー・東尾理子さんとのおしどり夫婦ぶりで知られ、いしだ壱成さんやすみれさんの父親としても有名な石田純一さん。いまだにバブル時代を彷彿とさせる「裸足にローファー」がトレードマークになっており、景気の悪そうな印象はありません。しかし、そんな石田さんも借金地獄のドン底に落ちていた時期があったのです。

年収3億円が…「不倫は文化」の一言で負債8000万円の借金地獄に

NHKアナウンサー・石田武さんの長男として生まれた石田さんは、大学時代に演劇を学ぶためにアメリカ留学。帰国後に劇団で1年ほどの下積みを経て、1979年に芸能界入り、ドラマデビューします。以後はドラマだけでなく、クイズ番組の回答者や音楽番組の司会としても活躍。人気男性芸能人としての地位を確立します。

バブル絶頂期の1988年には、浅野温子さん・浅野ゆう子さんの「W浅野」が主演したドラマ「抱きしめたい!」に出演。80年代を代表する「トレンディ俳優」として名を馳せ、約3億円の年収を稼ぎだすトップ俳優になります。

女優の松原千明さんと二度目の結婚をしてトレンディ俳優としての旬はすぎますが、90年代に入っても夕方のニュース番組のキャスターに起用されるなど順調。ところが、ファッションモデル・長谷川理恵さんとの約8年間に及ぶ不倫が発覚し、人生が一変してしまいます

1996年10月、芸能レポーターから不倫疑惑を直撃された石田さんは「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」と発言。これが「不倫は文化」というフレーズで繰り返し報じられ、主婦層を中心に大バッシングが発生しました。

この一件で仕事を干されてしまい、ニュース番組のキャスターも降板。それまで派手な生活だったこともあり、たった一年間で約8000万円もの借金を背負うことになりました。さらに不幸は重なり、1999年に松原さんと離婚。離婚費用や慰謝料など出費はかさみ、それまで住んでいた高級マンションを売り払おうとするも「引っ越し代がない」という悲惨な状態になりました。

石田純一の借金地獄に落ちるまで

トレンディー俳優として成功、年収数億円に。
        ↓
女性モデルとの不倫が発覚し、「不倫は文化」発言で大バッシング。
        ↓
仕事を干され、8000万円もの借金を背負うことに…
        ↓
離婚による慰謝料などでさらに費用はかさみ、引っ越し代さえままならない状況に。

「開き直り」で地獄から這い上がる

収入も大幅にダウンし、ドン底に落ちてしまった石田さんは「開き直り」作戦に出ます。芸能ニュースを騒がせた話題性を逆手にとって、俳優としては「落ち目」と見られかねないイベント営業やバラエティーに出まくるようになったのです。

この作戦が大当たりし、世間から批判がありながらもオファーは増加。イベントもバラエティーも「注目度」が全てですから、石田さんが自分の不倫や離婚をネタにして世間の耳目を集めてくれるのは仕事を依頼する側にとっては美味しいわけです。

以後、年間80本のイベント出演をこなすなど猛烈に働いた石田さんは借金を完済。2009年に22歳年下の東尾理子さんと再婚し(なんとテレビ番組での公開プロポーズでした)、その話題性によってイベントやバラエティーでの需要が更に増加しています。それによってバラバラになっていた家族との関係も復活し、今や息子の壱成さんや娘のすみれさんと仲良く共演する姿もよく見られるようになりました。ネタタレント化してしまったこともあって俳優としての仕事は減ってしまいましたが、それを補って余りある仕事ぶりで本人いわく「年収は1~2億円」という高ギャラ水準になっています。

たった一つの不用意なコメントで借金地獄に落ちてしまった石田さんですが、開き直ることによって活路を見出したのはご立派。プライドが邪魔してしまいがちですが、それを見事に石田さんはやってのけました。ドン底から這い上がるためには、このくらいのたくましさが必要なのかもしれません。

「借金地獄」にハマりやすい5つのタイプ。アナタは大丈夫?

関連ページ

まだまだ知りたい有名人の借金!
参考にしたい借金関連記事はこちら!