消費者金融で個人事業主が事業性資金500万円借りる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
緊急で資金調達が必要になったり、お客さんからの入金まで現金が手元になくて困っている自営業者さん。そんな時ATMで手軽にお金を引き出せるカードローンがあると助かりますよね。

でも、キャッシング業者(とくに銀行カードローン)の中には「事業性の資金には使えません」と明記されてるフリーローンがあります。

消費者金融系キャッシングは使い道を限定していないことが多いので事業性資金としても利用できますが、総量規制で高額融資が難しい面もあります。プロミスアコムアイフルなど一部のカードローン会社では、総量規制対象外の事業者向けローンを用意しています。いわゆるビジネス専用ローンと比較すると利息は高めですが、融資スピードと使い勝手の良さから融通が利く資金調達の手段として重宝されています。

また、自営業者でも生計費として利用するなら個人向けのカードローン全般が問題なく利用できます。

事業性資金を借りるなら銀行カードローンより消費者金融

銀行カードローンは事業用には使えない?

銀行カードローンは事業用に使えない カードローンの利用目的は基本的に自由ですが、銀行カードローンの貸付条件をよく見ると「事業性資金は除く」と書かれています。

つまり、「生活費に利用するなら融資するけど事業費として使っちゃダメだよ」ということです。
消費者金融ではそのような制限をもうけていないので事業性資金としての借入れも可能です。

自営業者はキャッシング審査に通りにくい?

法人を作らずに個人で事業を行っている人を個人事業主といいますが、社会的信用という面では少し低く評価されてしまうようです。

とくに借金の返済には数年かかることもありますから、先の経営状態がよみにくい個人経営の場合は審査が慎重になってしまうようです。

とはいえ、確定申告書類などできちんと収入の証明を行ったり先々の経営計画が提出できれば問題ないので自信をもって申し込んでください。

個人事業主と法人の違い

株式会社などの登録を行わずに事業をしている人を個人事業主といいます。自分だけ、家族だけ、少数の従業員だけといった小規模経営が一般的です。

事業を始めるにあたって面倒な手続きがいらないというメリットがありますが、税金の優遇が少なく社会的信用度も低いというデメリットがあります。
消費者金融と銀行カードローンの違い!銀行系消費者金融って何?

自営業者のカードローン申し込みに必要な書類

希望金額に関係なく収入証明書を求められる可能性あり

消費者金融の場合は50万円以上(他社での借入金額とあわせて100万円以上)の金額を希望すると、収入を証明する書類を提出する必要があります。

銀行カードローンはこれまで、100万円以上の高額融資でも収入証明なしで申し込みが出来ましたが、最近ではカードローン自主規制の流れでどんどん条件が厳しくなってきています。
消費者金融と同じく、50万円を超える希望額の場合は、念のため収入証明を用意しておいた方が良いでしょう。
また、個人事業者の場合は規定の金額より低い金額でも収入証明書の提出を求められる可能性があります。要求されたらすぐに提出できるように、あらかじめ準備しておくと手続きがスムーズです。

収入証明書に使える書類

収入証明書って何を提出すればいいの?
収入証明書の提出を求められた時は、以下の書類から準備できるものを提出してください。

納税証明書(写し)
確定申告書(写し)
など
この他にSMBCモビットでは、「営業状況確認のお願い」という書類の提出が必要です。書類は、公式サイトからダウンロードできるので、必要事項を記入して提出してください。

書類はスマホアプリで簡単送信

必要書類は、インターネットでアップロード、スマホアプリ、FAXを利用して提出します。郵送でも提出できますが、時間がかかりすぎるのでオススメしません。

スマホアプリを利用する場合は、スマホ内蔵のカメラで写真をとって貼り付けるだけなので、とても簡単です。

★プロミスの書類送信★

プロミス スマホアプリで書類提出

自営業者OK!限度額もゆとりの800万円・SMBCモビット

消費者金融の申込対象者には、「安定収入がある方」と明記されています。安定収入があれば、パートやアルバイトでも申込みできると書かれていますが、自営業者については触れてないことが多いようです。

その点SMBCモビットは、「お申込みいただける方」として「自営業者の方も利用可能」とハッキリ書かれているので、安心して申込むことができます。限度額も他社より多い最高800万円が設定されています。ただし、WEBのみで契約が完結する「WEB完結サービス(PC・スマホのみ)」は社会保険証か組合保険証をもってないと申し込めません。

WEB完結を利用しなくても、「インターネット申込み+ローン申込機でカード受け取り」の合わせ技で素早い融資が期待できるため、緊急融資が必要な自営業者のニーズに十分答えてくれます。
image05

消費者金融SMBCモビットのお金の借り方【完全ガイド】
SMBCモビット以外では、プロミスも資金用途の欄に「個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります」としっかり書いてあります。プロミスで融資を受けることができたら、事業資金としても堂々と利用できます。

消費者金融プロミスのお金の借り方【完全ガイド】

年収の1/3以上借りたいなら、総量規制対象外のビジネスサポートローン

消費者金融の中には、個人事業主専用のビジネスサポートローンを用意している会社があります。個人向けのカードローンとどこが違うかというと、一番の違いは借り入れ可能な金額です。

消費者金融では、改正貸金業法で年収の1/3以上の貸付が禁止されています。この決まりを「総量規制」と言いますが、個人事業主が事業用資金として融資を受ける場合は原則として総量規制の対象外となります。

つまり、ビジネスサポートローンは年収による制限を受けずに申し込み可能なローンです。とはいっても、審査は慎重です。不安がある場合は、最初は少額しか借りられないかもしれませんが、まずは個人向け融資に申し込んで利用実績を作っておきましょう。
大手消費者金融では、「アコム」「アイフル」「プロミス」に事業者向けローンがあります。それぞれのローンの詳細を見ていきましょう。

アコムのビジネスサポートカードローン

事業者向けローンは総量規制の対象外
最高300万円の利用限度額内で繰り返し利用できる個人事業主専用のローンです。すでにアコムと契約中でも切り替えが可能です。

金利は個人向けローンよりも高くなることがありますが、希望額やすでに借り入れている金額が年収の三分の一を超える場合でも、審査の上融資を受けられる可能性があります。

ビジネスサポートローンは、フリーダイヤル・店頭窓口・むじんくん(自動契約機)・郵送のいずれかで申込むことができます。来店の場合は、その場で審査結果を伝えてもらえるので審査に通ればローンカード発行後すぐに借り入れできます。

▼基本スペック
商品名 ビジネスサポートローン
使い道 自由
融資可能額 1万円から100万円未満 100万円から300万円
金利(年率) 12.0~18.0% 12.0~12.0%
遅延損害利率 20.0%
返済回数・期間 最終の借入れ日から最長6年9ヵ月・1~80回
対象者 営業歴1年以上の個人事業主で、アコムが定める基準を満たす方
保証人・担保の有無 不要
消費者金融アコムのお金の借り方【完全ガイド】

プロミスの自営者カードローン

プロミスの自営者カードローンは、最高限度額300万円。事業性資金以外にも利用できるカードローンで、即日融資も可能です。

申込みは、自動契約機・プロミスコール(電話)・サービスプラザ(店頭窓口)・郵送のいずれかで行います。

▼基本スペック
商品名 自営者カードローン
使い道 生計費・事業費
融資可能額 300万円
金利(年率) 6.3~17.8%
遅延損害利率 20.0%
返済回数・期間 最終借入後、原則として最長6年9ヶ月(1~80回)
対象者 自営者
保証人・担保の有無 不要
消費者金融プロミスのお金の借り方【完全ガイド】

アイフルの事業サポートプラン

アイフルの事業サポートプランは最高500万円まで融資可能で、個人事業主だけでなく法人の利用も可能なローン商品です。WEBからの申込みが可能で、確定申告書の他に事業内容確認書の提出が必要です。
※法人の場合は、決算書2期分・商業登記簿謄本の提出が必要
下限金利は、一般のカードローンより高く設定されています(上限金利は同一)が、審査次第では年収の1/3以上の融資も可能です。

▼基本スペック
商品名 事業サポートプラン(個人プラン) 事業サポートプラン(法人プラン)
使い道 事業の運転資金・設備投資資金
融資可能額 1万円から500万円まで
金利(年率) 3.0~18.0%
遅延損害利率 20.0%
返済回数・期間 最長10年間(最大120回) 最長10年間(最大120回)
対象者 個人事業主 法人
保証人・担保の有無 原則不要
※別途、1億円まで融資可能な不動産担保融資ローンあり
消費者金融アイフルのお金の借り方【完全ガイド】

関連ページ

今日中に借りれる消費者金融
 即日融資に成功する方法を紹介してるよ!!
消費者金融の審査基準
「審査に通るコツ」について教えちゃうよ!!