カンニング竹山の借金 ~200万を超えるとどうでも良くなる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
「キレ芸」で有名なカンニング竹山さん。視聴率が取れる芸人としてはもちろん俳優としても活動し、出演しているラジオ番組では社会問題の論客としても名を馳せています。幅広い活躍で視聴者から人気を博している竹山さんですが、そんな彼にも借金地獄にあえいでいた時期がありました。

実家が倒産…自堕落な生活で借金まみれに

人気バラエティー『しくじり先生』などで竹山さんが明かしたところによると、現在の姿からはあまり想像できませんが、実は育ちは筋金入りのお坊ちゃま。父親は事業家で会社を経営し、幼稚園は運転手付きのベンツで通っていたといいます。家はリビングに高級な虎の敷物や象牙などが飾られ、小さいころからバイオリンを習わされていたという典型的なお金持ちの家庭

しかし、9歳の時に父親の会社が倒産。裕福だった生活は一変し、借金取りに追われるような状態に。竹山さんが高校生の時、バブル景気によって父親の羽振りは再びよくなりますが、数年後にはまたも経営が悪化。負債の返済を計画しているうちに父親は脳出血で倒れ、そのまま亡くなってしまいます。

数十億円の巨額の負債が残り、一時は竹山さんが13億円、お兄さんが20億円もの借金を背負わされることに。結局、竹山さんは「相続放棄」することで返済責任を何とか免れましたが、実家の資産は完全になくなってしまいました。

すでにお笑い芸人として芸能界で活動していた竹山さんですが、当時は全く売れておらずアルバイトをしながらの生活。そんな時に「カンニング」としてコンビを組んでいた相方・中島忠幸さんが交通事故を起こし、示談金50万円が必要になってしまいます。相方のために示談金を工面しようとした竹山さんは、消費者金融で50万円を借り入れします。

そこまでは立派なコンビ愛で素晴らしかったのですが、「お金って簡単に借りられるんだ」と味を占めてしまった竹山さんはアルバイトをサボって生活費や遊興費のために再び借金をします。お金がなくなったら消費者金融で借りるという生活を続けているうちに返済額が膨れ上がり、借金総額は450万円にまで膨れ上がってしまいました。

当時、竹山さんは「借金が100万円台の時は返せるのか不安で焦りがあった」といいますが、200万円を超えてくると「考えても仕方ない」という思考になり、借金に抵抗がなくなってしまったということです。最終的に闇金にまで手を出し、部屋に借金取りがやってくる状態に。部屋のドアには催促の張り紙が貼られ、ある時には窓から屋根づたいに部屋から脱出したこともあり、精神的に追い詰められた竹山さんは夜逃げまでしてしまいます。

カンニング竹山の借金地獄に落ちるまで


父親の会社が倒産、父の死亡。お坊ちゃん生活から、資産ゼロの極貧生活に
        ↓
コンビ相方が起こした事故の示談金の工面を理由に借金
        ↓
「簡単にお金って借りられるんだ」と借金を繰り返すように
        ↓
闇金にまで手を出し、借金総額450万円に…

恋人の一言で…人間が変わるほどの成長

この惨状を見るに見かねた恋人の女性が、竹山さんのために定期預金を崩して返済を手助けします。しかし、当時の竹山さんは借金生活で荒んで感覚がおかしくなっており、恋人に定期預金を崩させても罪悪感が一切なかったそうです。

これでは負債がいくら減っても性根は変わりません。再び自堕落生活で借金地獄に陥ってしまいかねませんでしたが、恋人から「私がいるとあなたがダメになる」と別れを切り出されたことで生き方を変える決心をします。それまで浮気をしても許し、竹山さんを信用して借金返済までサポートしてくれた彼女からの最後通告でようやく目が覚めたのです。

一念発起した竹山さんは、まず「債務整理」で借金を整理することから始めました。「自分の借金だから自分で苦しみながらやらなきゃ」と感じた竹山さんは「特定調停申し立て」制度を使って弁護士を雇わず、何度も簡易裁判所に通って体当たりで任意整理を実行していったそうです。結果、債務は180万円にまで圧縮され、何とか返済が可能な額に落ち着きました。

これをきっかけに本業の芸でも大きな変化がありました。それまで「お笑いの形ばかり気にしてカッコつけていた」という竹山さんですが、カッコつけるのをやめて本当に面白いと思うネタをやろうと心に決めます。その中で「キレたり説教してるおじさんが面白い」ということに気付いた竹山さんは、格好など気にせずに編み出した「キレ芸」で徐々にお笑い界で頭角を現しました。

以後の活躍はご存知の通り。2004年には相方の中島さんが白血病で倒れるという不幸に見舞われますが、竹山さんは本名でもあった竹山隆範から芸名を「カンニング竹山」にすることでコンビ消滅を防ぎ、金銭的なサポートもするという男気を見せます。この芸名は2年後に中島さんが死去してから現在も変えていません。

また、目を覚まさせてくれた恋人とは2007年に結婚し、男としてのケジメもつけました。人間的に大きく成長したことで仕事の幅も広がり、借金地獄からも完全に脱出。特殊な事情ではなく「ついつい遊ぶお金や生活費が足りなくて借金をしてしまった」という誰にでも起こり得る経緯も含め、われわれにとっても教訓の多い生還エピソードといえるでしょう。

「借金地獄」にハマりやすい5つのタイプ。アナタは大丈夫?

関連ページ

まだまだ知りたい有名人の借金!
参考にしたい借金関連記事はこちら!