松居一代の借金地獄 ~離婚・借金のどん底からマツイ棒で大成功!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
松居一代の借金地獄! ~離婚・借金・顔面麻痺のどん底からマツイ棒で大成功!
松居一代さんは1979年に「11PM」という番組で芸能界デビューしました。現在では女優業のみならず、家事のスペシャリストとして家庭用品の開発・プロデュースを行ったりといった実業家、そして投資家としても有名ですね。2001年には俳優の船越英一郎さんと結婚し、公私ともに順風満帆。しかしそんな彼女もかつては離婚、多額の借金、そしてストレスからくる顔面麻痺と、想像を絶する苦労をしてきたのです。

経営者と玉の輿婚!しかし…

1987年、松居さんは当時年商90億円というDCブランドの創業者と結婚をします。当時は玉の輿婚と騒がれましたが、3年後に長男が生まれると状況は一変します。

まず、息子が重度のアトピーを発症してしまったため、松居さんはそれを治すべく評判の良い病院を片っ端から受診し、アレルゲンとなるものを自らも断つという徹底ぶり。それでも症状は良くならず、一時は心中も考えたといいます。さらに夫の女性問題で長男が2歳の頃から別居生活に。それでも夫が離婚を受け入れず、ようやく成立したのは7年後だったといいます。

一番の問題は、松居さんの知らない間に夫の借りた借金の連帯保証人にされていたということです。なんとその額2億円近く。夫が離婚を受け入れる条件として、その借金を松居さんが返済するという約束になったそうです。こうして、松居さんは母子二人の生活にくわえ、元夫の多額の借金まで背負うことになってしまいました。

顔面麻痺からマンションの欠陥事故まで…苦労の日々

様々な苦労が圧し掛かった結果、そのストレスから松居さんは顔面神経麻痺を患ってしまいます。治療により2カ月程度で回復しましたが、完全には治っておらず、実はいまだに後遺症が残っているそうです。「もう女優はできないと思った」と当時の絶望を松居さんは語っています。

苦難はまだ続きます。前夫と共同名義で購入していたマンションに欠陥があり、なんとある日突然衣裳部屋の屋根が落ちてきて全てが水浸しになっていたそうです。これにより部屋で保管していた高価な衣装やバッグなどはほとんど全滅。中には数千万円もするものもあったそうで、そのショックは相当なものだったことでしょう。

しかし、そこで落ち込むばかりではないのが松居さん。「まずは証拠」とすぐさまビデオカメラを回し、惨状を記録。そして建築会社へ通報したのです。ところが建築会社側は責任を認めず、上階の住人の使用に問題があるとして調査をします。結果は問題ナシ。それでも自分たちの非を認めようとしない建築会社の態度に松居さんは徹底的に争う覚悟を決め、証拠集めから弁護士探し、そして原因究明の立会までやってのけたのです。

原因は排水管の欠陥であり、調べていくうちに他にも様々な瑕疵が見つかったそうです。こうして言い逃れのできない証拠を突きつけ、松居さんは大手ゼネコン相手に見事多額の慰謝料を勝ち取ったのでした。

運気を上げた「結婚」と「マツイ棒」の大ヒット

テレビの情報番組で共演したことをきっかけに松居さんは俳優の船越英一郎さんと交際、2001年に44歳で子連れ結婚をします。

実はこの結婚も順調なものではなく、跡取りを望まれていた船越さんの親族からは猛反対を受け、船越さんは勘当されてしまったといいます。それでも二人の絆は固く、現在に至るまで芸能界のおしどり夫婦として仲睦まじい姿を披露しています。

松居さんの束縛ぶりは有名で、船越さんの携帯電話に若手女優からのからメールが入ったのに嫉妬し、携帯を「鍋で煮た」とテレビでぶっちゃけて話題にもなりました。夫の仕事のスケジュールは全て把握し、受けた取材の写真から記事の内容まで必ずチェックして、少しでも気になるところがあれば直させるんだそうです。このマメさには芸能関係者も感心しきりとか。

その後松居さんは大得意だった掃除で注目されたことをきっかけに、「マツイ棒」を世間に広めて大ブレイクすることになりました。このプロ並みの掃除術も、元々綺麗好きだったこともありますが、アトピーだった長男のために部屋を清潔に保つ手段として身につけていったものだそうです。

こうして家事のスペシャリストととして世間に認められた松居さんは、掃除道具だけでなく、フライパンなどの調理器具や洗剤などを開発し、爆発的にヒットさせました。

2007年、松居さんはお掃除本の出版記念イベントで1億7500万円もの借金を完済したと報告したそうです。

掃除に関しての著書は合計で80万部以上も売れ、通称「マツイ鍋」と呼ばれている「マジッククッキング」という商品はなんと120万個以上の売上を記録、ロイヤルティー(権利料)だけで10億円を超えるといいます。松居さんのすごいところは、決して人任せにせず、きちんと全て自分で決めていくところ。契約書も相手側が用意したものは一切使わず、必ず自分で作成したもので取り交わすそうです。さすが、徹底していますね。

お金は生き物!?驚きの財テク錬金術

また、松居さんは芸能人の中でも筋金入りの投資家として知られています。第一次安倍内閣が発足する前に購入した株がアベノミクスで高騰し、すぐさま売却、数億円の利益を得たという噂も。サイト上でトレードするオンライン取引では相手の顔が見えず信用できないとの考え方から、いまでも対面取引にこだわっているそうです。

お金に対しての扱いも非常にユニークで、お金を「お金ちゃん」と呼び、お調子者の彼(彼女?)がへそを曲げないように褒めながら大切に使うんだそうです。さらにお財布専用のベッドを作り、毎日そこで寝かしつけるという徹底ぶり。持論は「金運は伝染る。金運の悪そうな人には近づかない」とのこと。さすがにそこまでは真似できないかもしれませんが(「財布用布団」は一般向けに販売もされたようです(笑))、「お金を無駄にしない、大切に使う」という姿勢とバイタリティーは見習いたいものですね。
松居さんが金運を上げるために大切にしている信条

・お金は「お金ちゃん」自分の子どもと同じように大切にし、感謝する。無駄使いはしない。

・お財布はバッグに入れっぱなしではパワーが弱くなってしまう。夜は人間と同じように布団で寝かせる。財布の中にレシートなど入れっぱなしにしない。財布交換は命懸け。

部屋が汚いと金運も逃げる。部屋は毎日掃除、トイレは素手で磨く。

・運は伝染する。運の悪い人には近づかない。

・将来に関してきちんとしたビジョンを定めて、計画的に物事を進める。

資産は100億以上!毎日の努力が成功のカギ

とある週刊誌で松居さんの資産は10億円と記事にされたことがありましたが、松居さんはそれを否定。「ちゃんと取材して欲しい。毎日朝4時から遊びもせず、お酒も飲まずに仕事をしているのに、10億じゃ悲しい。ケタが違う」とコメントし、資産が100億レベルであることを示唆しました。

これだけの資産家になっても無駄遣いは一切せず、夫の船越さんはなんとお小遣いが3万円だそうです(これは浮気をさせないための措置でもあるようですが)。それでも御祝儀などは惜しまずどんどん使う。このお金の使い方のメリハリが財テクの真骨頂かもしれません。

これだけの苦労をしてきたにも関わらず、常に前向きで困難に打ち勝ってきた松居さん。生活を正し、お金を大切にする。労力を惜しまず、できることは全力でやり遂げる。多忙のため現在は家政婦を雇っているそうですが、今でも掃除は自ら行っているそうです。「忙しいから」と部屋が汚かったり、「少しくらいなら」とついついお金を使ってしまう、誰でもそんな時があると思いますが、松居さんを見習って自分を律し、お金に好かれる生活を送りたいものですね。

「借金地獄」にハマりやすい5つのタイプ。アナタは大丈夫?

関連ページ

まだまだ知りたい有名人の借金!
参考にしたい借金関連記事はこちら!