消費者金融一覧(おすすめ):初めての申し込みならここ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
審査がスムーズですぐにお金を貸してくれるキャッシング会社と聞いて誰もが思い浮かべる消費者金融。

消費者金融というと、いまだにちょっと近寄りがたいネガティブなイメージを持っている人が多いようですね。確かにサラ金や街金と呼ばれていた時代の消費者金融は、高金利でお金を貸したり、闇金ウシジマくんばりの怖いお兄さんが取り立てにくるイメージがありました。

でも今は違います。2010年の貸金業法の改正により、クリーンで安心して使える金融会社として生まれ変わり、大きく変化しています。

なかでも大手有名消費者金融は、長いキャッシング業者としての実績があります。顧客にとって便利なサービスが行き届き、誰もが安心して使えるキャッシングとしておすすめです。

初めての申込みでも安心!消費者金融おすすめランキング

キャッシングには銀行が扱っているカードローンなどもありますが、消費者金融は銀行系と比較すると審査がスムーズなのが特徴です。

とくに大手の消費者金融では、長年つちかってきた独自のスキルを生かして審査のスピードアップに役立てています。

【1位】スマホだけあれば何もいらない!『プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスでは、カードローン申込から必要書類の送信といった全ての手続きがPCやスマホだけで行える、WEB完結申込も可能です。

カードレスで利用できるため、郵送物もなく申し込んだその日にお金を借りる即日融資にも対応しています。審査にかかる時間は最短30分、1時間以内の融資も可能です。

【2位】審査のスピードアップに協力的な『アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、急ぎの融資にも積極的に対応してくれます。
急ぎの場合は電話で申し込まなきゃダメなの?
あらかじめインターネットで申し込んでおいて、9時になったら速攻フリーコールに電話を入れて「急いでるからすぐに審査を開始してほしい」とお願いすれば、他の申込者よりも優先して審査が開始されます。
この「インターネット申込+電話」かなり効き目ありです。
ネット申込み+電話で審査スピードアップ
また、アコムには他の消費者金融にないサービスがあります。それがマスターカードと提携して発行しているACマスターカード。お金を借りるのはもちろん、ショッピングにも使えるお得なクレジットカードです。
ACマスターカード

【3位】電話なしで手続きできる『SMBCモビット』

三井住友銀行グループのSMBCモビットは、業界に先駆けてインターネットだけで全ての手続きが終了するWEB完結申込」を導入しました。(PCとスマホのみ)

SMBCモビットのWeb完結(PCとスマホのみ)は、誰にも内緒でお金を借りたい人にピッタリです。ローンカードが発行されないので自宅への郵送物がなく、電話連絡を一切省いているため家族や勤務先に借金がバレる心配が少ないカードローンです。

 

【4位】独自のスコアリングで審査が甘いと評判の『アイフル

アイフルは、今まで紹介してきたカードローン会社と違って銀行グループに属さない独立型の消費者金融会社です。

そのため、銀行から制約を受けることがなく独自のスコアリング方式でシンプルな審査を実現しています。保証会社が他の大手消費者金融や銀行カードローンとかぶってないので、他で落ちた人の第二選択肢として選ばれることが多いカードローンです。

保証会社とカードローン

近年、銀行カードローンは保証会社に消費者金融を利用することが多くなっています。

例えば、「三菱UFJ銀行カードローンの審査はアコムが担当している」といった具合です。この場合、「アコムの審査に落ちた人は三菱UFJ銀行カードローンの審査にも落ちやすい」傾向があります。

審査落ち後の申込みは、保証会社が異なる借り入れ先を選んだ方が安全です。

 
保証会社名商品名
アコム(株)アコム
・三菱UFJ銀行カードローン
・ソニー銀行
・セブン銀行ローンサービス
・じぶん銀行じぶんローン
SMBCコンシューマーファイナンス(株)プロミス
・三井住友銀行カードローン
新生フィナンシャル(株)・新生銀行カードローン
・オリックス銀行カードローン

やっておけば安心『お試し審査

審査に不安があるなら、それぞれのホームページで無記名のお試し審査を受けてみるといいでしょう。アンケート形式の簡単な質問に答えるだけで、融資可能かどうかがすぐに分かります。中にはクリックと同時に審査結果がわかる1秒診断を行っているところもあります。
お試し診断に通ってから申込みを行うことで、審査通過率は確実にアップします。申し込むかどうか迷っているなら、まずは試してみませんか。
プロミスのお借入診断やってみました!! プロミス借入診断1
生年月日・年収・現在の借入金額を入力するだけ!!
プロミス借入診断2
年収300万円 融資可能
融資可能が出たら申込みへGO!!

image09
image04
お試し診査に通ったので、少し安心して申し込めますね。

プロミスのお借入診断へ
他社借入件数や借入金額は嘘を書いても大丈夫?

カードローンの申込書には必ず、他社からの借り入れについて申告する欄が設けられています。

実はこれ、安易な気持ちで嘘を記入する人が多いのですが絶対にダメです。

個人の借金情報は信用情報機関に登録されています。ローンに申し込むと、必ずこの情報機関に問い合わせが行われ申込者の借金情報をチェックして融資の判断に利用されます。

信用情報機関には、延滞や債務整理などの事故情報(ブラック情報)はもちろん、ローンの申込履歴(申込情報)や契約情報まで全て管理されています。

つまり、借金は隠せないので申込フォームは正直に記入してください。

日本には以下の通り、3つの信用情報機関があって、消費者金融以外にも銀行やクレジットカード会社が利用しています。

▼日本の個人信用情報機関
名称加盟先機関
日本信用情報機構(JICC)消費者金融系
全国銀行個人信用情報センター(KSC)銀行系
株式会社シー・アイ・シー(CIC)クレジットカード会社・携帯電話会社・信販系

貸金業法改正で安心!金利も規定内で分かりやすい

サラ金から消費者金融へ!金利の明確化

消費者金融でお金を借りると、法外な金利が課せられるというイメージを持っている人がいます。

しかし、最近の消費者金融では貸付額によって上限金利がきっちり定められていますので、それ以上の金利が掛かってくることはありません。大手の消費者金融では、最大金利でもだいたい18.0%前後に決められているので安心して利用できます。

この上限金利18.0%という数字を覚えておけば、「この業者の金利は高すぎる!闇金かもしれない!!」と疑ってかかることができます。

大手消費者金融の金利一覧表

大手消費者金融各社の金利設定は次の通りです。

大手キャッシング会社の金利・契約限度額一覧
カードローン会社名金利(年率)利用限度額
プロミス4.5%~17.8%500万円
アコム3.0%~18.0%800万円
アイフル3.0%~18.0%800万円
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円
※初回借り入れには上限金利がつくことがほとんどです。

大手消費者金融の最高限度額は500万円から800万円。SMBCモビットとアコム、アイフルがダントツに高いんです。

グレーゾーン金利・過払い金請求解説

グレーゾーン金利 過払い請求
かつて、消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代、2つの上限金利がありました。一つが出資法で定めている29.2%。もう一つが、利息制限法で定めている20%(または15%)。この29.2%と20%の間をグレーゾーン金利と呼んでいます。

本来であれば、利息制限法の上限金利を守って融資を行わなければいけないのに、多くのサラ金が出資法を利用して29.2%で商売を行っていました。これが社会問題となり、2010年に出資法の上限も20%に引下げられ、今では貸付額に応じて15~20%で貸付けが行われています。

また、2010年以前に20%以上の金利で融資を受けていた人が余分に払ってしまった金利は過払い金と呼ばれ、請求すれば返還してもらうことができます。これが、テレビコマーシャルでもよく見かける過払い金請求です。

いつでもどこでも利用できる!WEBや提携ATMを活用

大手有名消費者金融では、利用者へのサービスや商品も多様化しています。取引に不安のある女性のために女性専用の窓口を設けたり、事業性の融資にも使える事業者ローンを用意している会社もあります。インターネットを利用して、24時間どこにいても取引が出来るほか、自動契約機を設置したりコンビニATMと提携するなど借入や返済の方法も多様化しています。

使える消費者金融のサービス

銀行系カードローンより消費者金融系がすぐれてるところといえば「会員専用サービス」です。

会員メニューにログインすれば、「申し込み・本人確認書類や収入証明書など契約書類の送信・振込依頼・Web返済・増額申請」といった一連の手続きが手早く行えます。スマホ利用者に便利なスマホアプリも用意されています。

他にも返済日や返済金額のお知らせ機能、無利息サービス、提携ATM手数料や利息として使えるポイントサービスなど各社多彩なサービスを用意しています。

女性専用ローン『プロミスレディースキャッシング

プロミス レディースキャッシング


消費者金融は敷居が高いと感じる女性はいまだに少なくありません。そこで、女性スタッフが問い合わせや手続きに応じてくれる女性専用ローンが人気です。

とくに、プロミスが提供するレディースキャッシングは女性でも申し込みやすいカードローンとして支持されています。
プロミスレディースキャッシングは、パートやアルバイトをしていれば、主婦や学生(20歳以上)でも申し込みができます。
専業主婦は消費者金融に申し込めない?

貸金業法では過剰融資を抑制する目的で「総量規制」という決まりを設けています。これは、「貸し付けしていい金額を年収の1/3までとする」というものです。総量規制によって、本人に収入がない主婦・主夫は消費者金融を利用できません

では働いていない主婦がカードローンを利用する方法は皆無かというと、そうではありません。銀行法の元で営業している銀行カードローンであれば総量規制が適用されないので、収入のない主婦の方でも融資が可能な場合があります。ただし、専業主婦の融資を受け付けていない銀行もあるので貸付条件をよく確認してください。

総量規制対象外のローン

実は、消費者金融には総量規制が除外されるローンがあります。

【除外対象】
●住宅ローン(つなぎ融資)
●オートローン(自動車ローン・マイカーローン)
●高額療養費の融資
●有価証券担保融資
●不動産担保ローン(居宅以外)

【例外対象】
●借り換えローン(おまとめローン)
●医療費の緊急融資
●配偶者貸付け(夫婦の収入の合算額の1/3まで融資可能)
●個人事業主向けのビジネスサポートローン
●預金融機関の融資が実行される間のつなぎ融資
上記のような目的のローンであれば、総量規制が適用されないので年収を気にせず申込むことができます。

具体的には次のようなローンがあります。

▼大手消費者金融の目的別ローン
|カードローン会社名|ローン商品| |:-|:-|:-| |プロミス|おまとめローン
自営業者カードローン| |アコム|借り換え専用ローン
ビジネスサポートカードローン| |アイフル|かりかえMAX
おまとめMAX
事業サポートプラン|

関連ページ

金利が低い・限度額が高いなど
 目的で消費者金融が選べるよ!!
今日中に借りれる消費者金融
 即日融資に成功する方法を紹介してるよ!!