銀行おまとめローン・借り換えローン《比較一覧表》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
銀行おまとめローン・借り換えローン《比較一覧表》
消費者金融よりも金利が低く、高額の借入れが期待できる銀行ローン。安心感も抜群ですから、ぜひ利用してもらいたいのですが、「銀行融資審査って厳しいんでしょ?」そういった不安をよく耳にします。

でも、それは一昔前の・・・もしくは消費者金融からの回し者が広めている間違った情報です。

現在は、銀行系カードローンでも審査は消費者金融が担当していることがほとんどなので、消費者金融と比較してめちゃめちゃ厳しいなんてことはありえません。

ただ、銀行によって審査に通りやすい人の基準が違うので、それさえ間違えなければあなたにも必ず借りれる銀行が見つかります。

ではさっそく、誰でも審査に通る銀行ローンはどこか?ではなく、あなたが審査に通る銀行カードローンはどこかをご紹介しましょう。


審査ハードルが低い銀行ローンって?

消費者金融が審査を担当してる銀行は審査ハードル低め
銀行でも消費者金融でもローンを申込むと必ず行われるのが「ローン審査」です。

各社それぞれ審査基準を設けていますが、そのハードルを見極める上で重要なポイントは各社共通しています。
審査がハードルが高くないカードローン
スピード審査をウリにしている
・無記名でできるお試し診断がある
・無利息キャッシングなどを実施
・金利が高め
保証会社に消費者金融を起用している
審査ハードルが高いカードローン
・金利が低い
(特に上限・下限金利ともに低い)
・借入れ件数を厳しく制限している
・専業主婦NGなど、借入対象者を制限している
審査を担当する保証会社に消費者金融を利用している銀行は審査ハードルが低いということが言えます。何故かと言うと、消費者金融は審査と回収においては長い実績とノウハウをもつプロ中のプロなので、銀行が審査基準を気にする必要がないためです。

銀行ローンと保証会社
カードローン名 保証会社 審査基準
三菱UFJ銀行カードローン 株式会社アコム
オリックス銀行カードローン 新生フィナンシャル株式会社(新生銀行の系列会社)またはオリックス・クレジット株式会社
楽天銀行スーパーローン 楽天カード株式会社または株式会社セディナ
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)
横浜銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
この表にのっている金融機関は、消費者金融(または信販会社)を保証会社として利用しています。

中でも、大手消費者金融のアコムを利用している三菱UFJ銀行は、「消費者金融なみに審査ハードルが下がってるのでは・・・」と評判になっています。

アコムでは、「銀行ローン申し込み者=消費者金融よりも身元の良い人が申込む」という考えがあるためバンクイックの申込者には好意的です。一方、三菱UFJ銀行も貸し倒れなどのリスクをアコムがしょってくれるので安心して審査を一任しています。

また、みずほ銀行カードローン三井住友銀行の場合は、公務員や大手企業の正社員向けに提供しているローン商品なので、わざと審査基準を低すぎないようにしてブランドイメージを守っています。ただし、これらの銀行は、金利が低く乗り換えとしては最適なので借りられれば本当にラッキーです。

徹底比較!審査通過の確率が高い銀行

審査に成功しやすいカードローンの常識がわかったところで、今度はあらゆる目線で銀行ローンを比較して審査通過の勝率が高い銀行を探していきます。

融資スピード

すでにお伝えしましたが、スピード審査や融資スピードをウリにしているローンは審査に時間をかけない、つまり審査のハードルが高くない傾向にあります。

融資スピードで比べる!
カードローン名 融資までの時間 判定
三菱UFJ
銀行カードローン
最短で翌日
※審査状況等によります
※お試し診断あり
楽天銀行
スーパーローン
最短翌日
通常2~3日
オリックス銀行
カードローン
3~4日
※契約完了後スピード融資可能
横浜銀行
カードローン
口座あり最短翌日
通常1日~2日
東京スター銀行
おまとめローン
約2週間
やはり、融資スピードなら三菱UFJ銀行がリードですね。

他の銀行には見られないお試し診断を提供しているので、無駄な差し戻しが少ないこともスピードアップの理由となっています。

借入件数

借金のおまとめをお考えのあなたなら、他社での借入れは1件や2件ではないですよね。

でも、他社での借入件数が多くなると、借入総額にかかわらず銀行カードローン審査を通過するのが厳しくなります。とくに他社借入れが4件を超えると新規契約は至難の業です。

つまり、
4件以上でも貸してくれる可能性があるところは審査基準を厳しくしていない
ということが言えます。

とはいえ、借り入れが4件以上ある人で、実際に銀行カードローンの審査に通る人は多くありません(一部の高収入の人だけです)。

たとえば、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の公式サイトでお試し診断をしてみると、他社借入が4件以上でも融資可能と出てきます。でも、当サイトからバンクイックに申し込んだ人で、借入れ4件以上で審査に通った人はほとんどいませんでした。

バンクイックはメガバンクの中でも敷居が低いことで有名です。それでもこの結果です。よほど収入が高く、審査に自信のある人以外は、お試し診断は「1つの目安」と割り切って、まず借入件数を3件以下に減らしてから申込むことをおすすめします。

◆賢く借金返済(借入件数を減らそう)

おまとめ(借り換え・一本化)をよく知らない方からのご相談で一番多いのは、「1社にまとめるほど大金を借りられないからおまとめは諦めたけど、借金を減らすにはどうしたらいいの?」です。

でもこれ、大きな誤解なんです。おまとめローンの告知で一本化と言い過ぎているのでみなさん「数社→1社」が「おまとめ」だと思い込んでいるようです。

でも、おまとめをする一番の目的は、
「金利が低いところに借り換えること」
なので、例え一部だけでも借り換えを行い返済負担を減らせたら、おまとめローンは成功なんです。

まずは利息の高い会社からの借金を減らし、借入件数が減ればもっと良い条件での借入れが可能となります。

そうして借り換えを繰り返し、最終的に一社にまとめてしっかり返済するのが賢い方法、というわけなんですね。

総合ポイント(TOP5発表)

いくつかの目線で比較検討してきましたが、総合的なポイントが高い狙い目の銀行はどこでしょうか。

人気カードローンベスト5成績表
カードローン名 金利 審査レベル 実際に借りられる額 融資スピード 借入件数 総合評価
楽天銀行
スーパーローン
1位
三菱UFJ銀行
カードローン
2位
横浜銀行
カードローン
× 3位
東京スター銀行
おまとめローン
4位
第1位 楽天銀行スーパーローン
楽天銀行は、最近カードローン事業をどんどん拡大してきています。金利の低さも折り紙つきなので、消費者金融からの乗りかえにも最適。楽天ポイントがつくなどの優遇措置もあり、オトク度はナンバーワンです。


第2位 三菱UFJ銀行バンクイック
阿部寛のCMでもおなじみの三菱UFJ銀行は融資スピードが速い!テレビ窓口なら、平日15時以降、土日でもカードの受け取りが可能です。ただし、借入件数が3件以内の正社員でないと、おまとめは難しいです。

三菱UFJ銀行バンクイック完全ガイド
第3位 横浜銀行カードローン
横浜銀行も高ポイントですが、たった一つ(そして最大の)残念な点があります。それは、神奈川県・東京都・群馬県(桐生市・前橋市・高崎市)に住まいもしくは勤務先がある人限定だということ。これにあてはまればラッキー。羨ましいです、ホントに。


第4位 東京スター銀行おまとめローン
他社への返済は東京スター銀行が代行してくれるので、「せっかく借りたお金を使い込んでしまった」なんて失敗がありません。

要注意!ここで借りるのは危険

消費者金融はおまとめローンには向きません!!
まとめローンと言えば有名なのが東京スター銀行ですよね。CMやネット広告でも頻繁にみかけます。

実はここ、借入後他社への返済を代行してくれるなど「おまとめローンとしては大変条件が良い」のですが、年収が200万円以上ないと申込むことができません。年収200万円未満の人は他をあたりましょう。

他にも、AUユーザーならお得で押してるじぶん銀行カードローンは、最低金利2.4%などと言っていますが、こういった所も審査は厳しいといえます。さらに上限金利は17.5%と消費者金融並みなので検討する価値がありません。

また、プロミスアコムといった消費者金融カードローンでも借り換え専用ローン(おまとめローン)を提供していますが、これらは金利が高い上に初めての利用では5万円~10万円借りるのがやっとです。

つまり、審査に通っても消費者金融ではおまとめローンとしての利用は難しいということです。
(ただし、アイフルのおまとめローンは、審査通過率が高く、非正規雇用の人でもおまとめ成功例が多いのでおすすめの一つです)

こんな人が選ぶべきはこの銀行

条件にあう銀行を選べば審査通過率アップ
初めにお話した通り、誰でも審査に通るなんて夢のようなカードローンはありません。

でも、カードローン会社にはそれぞれの特徴があり、条件があえばかなり審査に有利になります。あなたが申し込むべきベストな銀行はどこか、ここでしっかり確認しておいて下さい。

パートやアルバイトなら楽天銀行スーパーローン!女性にも優しい

パートやアルバイトなどの低年収の人たちは、借入先をきちんと選ばないと、審査通過の成功率ががくんと下がってしまいます。そこでおすすめなのが、楽天銀行スーパーローンです。

公式サイトには、堂々と「アルバイトもOK!」と記載されており、専用のページまで用意されています。これ、銀行カードローンではかなりレアです。

また、子供の教育資金などに入用な女性などにも、積極的に融資をおこなっています。金利も低く利用しやすいのでおすすめですよ。

他社借入が3件以下、とくに女性ならオリックス銀行カードローンへ

オリックス銀行カードローンは収入があまり高くないという人でも、大丈夫。まずは、銀行ならではの安い金利に乗り換えましょう。

また、女優の篠原涼子さんをCMキャラクターに起用していたことからも女性顧客の拡大を狙ってることがわかります。女性が申込むなら今がチャンスです。

オリックス銀行カードローン【完全ガイド】

公務員・上場企業社員なら「住信SBIネット銀行カードローン」がおすすめ

住信SBIネット銀行は、その名の通り実店舗を持たないネットバンクです。

住信SBIのカードローン(MRカードローン)には〝スタンダードコース”と〝プレミアムコース”の2種類あり、公務員や大企業の正社員なら高限度額(最大1200万円!!)・超低金利のプレミアムコースが適用される可能性大。速ければ最短60分で仮審査の結果が出るので、借入れもスピーディです(本審査の結果は最短で翌日です)。

◆賢く借金返済
(審査に通るコツ)


ローン審査に通過するにはいくつかのコツがあります。これはカードローンのような無担保ローンに限らず住宅ローン審査やフリーローン審査にも共通する話なので知っておいて損はありません。

1.申込書は正直に!正確に
2.申込先を給与振込み口座に
3.申込みは一ヶ月に2件以内

1.申込書の記入ミスはもっての他です。また必須項目以外もなるべく記入することで誠意が伝わります。

2.あらかじめ口座を開いて3ヶ月以上の給与振込みの実績を作っておくと審査は格段に有利になります。

3.やたらと申し込むと「申込みブラック」と呼ばれ審査落ちする原因となります。

関連ページ

おまとめを成功させるコツ教えます!
「得するおまとめローン選び」のヒント!