消費者金融で限度額が高いのは?最高額500万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
大口の融資をうけたい場合は、限度額を高く設定してるキャッシング会社を選ぶ必要があります。

カードローンの利用目的を調べてみると、「今月は何かと物入りでお金が足りない」的な生活費のちょい足し利用者が多くを占めていることが分かります。

この場合は10万円もキャッシングできれば十分ですが、結婚資金や海外旅行、教育資金、入院費用などに利用する場合はまとまったお金が必要です。

そうなるとまず重要なのが、利用限度額が高く設定してある金融会社を探すこと。そして、「あなたが借りられる金額はいくらか?」を知ることです。

そうすれば、高額の借り入れも不可能ではありません。

限度額が高いのは銀行系カードローン

多くの人が高額融資と聞いて思い浮かべるのは、住宅ローンや自動車ローンだと思います。これらの専用ローンは、家や車を担保にしてお金を借りるので大金が借りられるのは当然ですが、担保・保証人なしで借りられるカードローンでも100万円を超える大口融資は可能です。

まずは、カードローン各社の最高限度額を調べてみましょう。

▼人気キャッシング会社の借入限度額一覧
カードローン名 最大極度額
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 500万円
楽天銀行スーパーローン 800万円
横浜銀行カードローン 1,000万円
三井住友銀行カードローン 800万円
オリックス銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 最大800万円
プロミス 500万円
アイフル 800万円
アコム 800万円
SMBCモビット 800万円
オリックスVIPローンカード 800万円
キャッシングを扱う会社はたくさんありますが、限度額が高いのは銀行カードローンです。
人気のキャッシング業者の中で、最高レベルの限度額を設定しているのは「横浜銀行カードローン」の1000万円です。ここまで高い限度額を設定しているカードローンは、ほかには見当たりません。限度額重視の方におすすめのカードローンです。(ただし、利用できるのは神奈川・東京など一部の地域に限られます)

次に高額に設定されているのは、オリックス銀行カードローン とアコム三井住友銀行グループのSMBCモビットアイフルで800万円です。

比較的良く見かける限度額は、500万円です。「三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック」「プロミス 」など多くのカードローン会社が、最高限度額500万円としています。

収入証明書の提出について(契約書類)

消費者金融では50万円を超えると収入証明書の提出が必要
銀行系カードローンの場合、50万円程度の小口融資では必要ありませんが、融資額が高額になると所得証明書を提出する必要があります。(消費者金融では50万円超で必要)
収入証明書の提出基準はカードローン会社によって異なります。

50万円までなら収入証明書はいらないのか。
そうね。でも、自営業の人とか、安定性に欠ける職業についている人は、ケースによっては50万以下でも証明を求められることがあるから、注意してね。

消費者金融は総量規制で、借入額が制限されている

消費者金融系のキャッシングは、貸金業法が適用されるので、その人の年収の三分の一を超える貸し付けを行う事は出来ません(総量規制)
総量規制 年収1/3まで
例えば年収600万円の人には、いくらその会社の極度額に500万円が付いていても、総量規制によって融資限度額は200万円までしかつきません。

したがって、それ以上の借り入れを希望する場合は、消費者金融系カードローンでは用が足りないという事になります。

ただし、消費者金融にも「借り換えローン(おまとめローン)」「自営業者サポートローン」など総量規制対象外のローン商品があります。

大手有名消費者金融一覧:初めての申し込みならおすすめはここ

年収のしばりがない銀行系キャッシングが大口融資にはおすすめ

公務員 正社員 高額融資
銀行カードローンは銀行法が適用されるため、総量規制と関係なく審査に通った金額の融資をうける事が可能です。

ただし、銀行融資の審査は消費者金融系のキャッシングと比較すると、少々厳しくなるようです。しかしながら、公務員や大企業に勤める正社員の方であれば、年収が低めでも高額がつく可能性があります。

250万円なるべく早く借りるなら…

200万円、250万円の融資となると600万円を超える収入がないと消費者金融では融資が受けられません。

「それでもどうしても250万円以上借りられないと困る。しかもなるべく急ぎで。という時の申込先は?」と聞かれれば答えは、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックです。

バンクイックは、誰もが知ってる阿部寛さんのCMで有名な三菱UFJ銀行のカードローンです。

銀行は審査や融資に時間がかかると思ってる方が多いようですが、バンクイックの審査は消費者金融のアコムが保証会社となって担当しているため審査スピードがとても早く、テレビ窓口へ行けばその場でカードを受け取ることも可能です。高額融資を大至急という人にすすめるならこれしかないと自信をもっておすすめできるカードローンです。

超高額500万円~800万円借りれる可能性があるのは…

できれば500万円以上、800万円狙いたいという人、あなたの年収は1500万円以上ありますか? ほとんどの方が、「No」ですよね(私もですが)。

となれば、借入先は銀行カードローンしかないわけですが、ここまでの高額となるといくら年収には関係なく申し込める銀行系とはいってもかなりハードルは高いです。それでもチャレンジするなら、オリックス銀行カードローンをおすすめします。

まず、800万円借りれる銀行となるとかなりターゲットが絞られてしまいますが、中でもオリックス銀行カードローンは金利が低いです。今後の返済を考えれば少しでも低い金利が設定されてる会社を選んでおくことが重要です。

審査の面でも、保証会社に新生銀行の系列会社「新生フィナンシャル株式会社」が入ってから審査ハードルが下がったと評判です。おまとめローンとしての利用にも大変積極的です。

消費者金融で高額融資を受ける方法

消費者金融は年収で借入金額が制限されてしまうので高額融資は受けにくいという説明をしました。

でも消費者金融でも限度額いっぱい借りられる方法があるので、チャレンジしてみてください。

その1:増額で徐々に限度額を引き上げる

消費者金融はお金を貸すことが商売ですが、初回利用者に高額の貸付を行うことは滅多にありません。

これは、「この人はきちんと返済してくれる人かどうか」様子見をしているためです。審査だけでは、その人がお金にだらしなかったり滞納することをなんとも思ってない人だという所まで見ぬくのは難しい(すでに延滞などの事故情報が信用情報機関に記録されてる人は、当然審査落ちします)ので、まずは少額貸して返済能力をチェックしています。

そして、滞りなくきちんと返済実績を積み上げていれば消費者金融から信頼を得ることができます。そうなった段階で増額をお願いすればすんなり応じてもらえる可能性が高いです。この間に年収がアップしたなど審査に有利な情報があれば必ず伝えて下さい。

増枠申請は、ホームページやスマホアプリで会員ログインすれば簡単に申込めます
消費者金融は少額しかリれないのか。
延滞しないでちゃんと返済してる人なら増額できる可能性大よ。増額申請は会員メニューからできるので簡単です。

その2:おまとめローンやビジネスローンを利用する

大手消費者金融には、自由に使えるフリーローン以外にも目的別に利用できる専用ローンがあります。

代表的なのは、貸金業者からの複数の借入れを一つにまとめることで金利負担を減らすことを目的にローンの借り換えを行う「おまとめローン」や、事業資金に使える「事業者サポートローン」などがあります。

これらのローンは、年収の1/3超の融資が受けられるという特徴をもっているので高額借入れが期待できます。

高額借り入れを検討するなら、返済計画をしっかりたてておこう!!

大金が借りられたのはいいけど、返済に行き詰まって大ピンチ
返済シミュレーションを使って事前にしっかり返済計画をたてておけば大丈夫です。
せっかく思い通りの金額が借りられても、返済が上手くいかなくては借金地獄にまっしぐら。額が大きいだけにやむを得ず自己破産なんてことも…。

そうならないためにも、前もって返済計画をたてておくことが大切です。

借入希望額が決まったら、金融機関の公式サイトにある返済シュミレーションを利用して毎月いくら返済すればいいのか確認しておきましょう。その結果、返済が難しそうだったら借入額を減らすか返済回数を増やすなどの方法で調整してください。
返済シミュレーション1
返済シミュレーション2
上手な返済シミュレーションの使い方

大手銀行カードローンは限度額別に細かく借入利率が分かれていますが、消費者金融は実際に審査に通ってみないと金利がいくらに設定されるか分かりません。

初回契約時は上限金利が設定されるケースがほとんどなので、返済シミュレーションを利用する場合は以下の上限金利を入力してください。

100万円未満…18.0%または公式サイトに提示されている上限金利(プロミスは17.8%)

100万円以上…15.0%

関連ページ

金利が低い・限度額が高いなど
 目的で消費者金融が選べるよ!!
消費者金融の審査基準
「審査に通るコツ」について教えちゃうよ!!