【即答】専業主婦が内緒で借りれるカードローン、おまとめローンはココ!銀行は?消費者金融は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【即答】専業主婦が内緒で借りれるカードローン、おまとめローンはココ!
主婦でもパートなどをしてる人なら、貸金業、銀行、信販会社、どのカードローンでも申込むことが可能です。

しかし、問題なのは、無職で完全に収入がないか、時々パートやアルバイトはあるけど、継続しては働いていない、と言うケース。カードローンの申込条件には、たいていの場合「安定した収入のある方」と書かれているので、主婦では申し込みすらできないのか…と思ってしまう人もいるかもしれませんね。

でも、大丈夫です。旦那さんに秘密で借りれるカードローンは存在します。これら専業主婦OKのカードローンは、すでに複数の借入のある主婦のおまとめローンにも利用できます

このページでは仕事をもたない奥様でも借り入れを成功させる方法をピックアップしています。


申込み数と審査通過数で選ぶ《おまとめローン総合ランキング》

専業主婦が借りれるカードローンはどこ?

女性がキャッシングする場合、一番問題になるのが「安定的な収入があるかどうか」です。 もちろん、男性でも安定収入がないと借りられるローンは限られてしまいますが、2010年に改正された貸金業法で、自分自身に収入がない専業主婦は、消費者金融を利用することが不可能となりました。

「収入のない主婦だからお金が借りられない」 そう自分で信じている人が多いかもしれません。

でも、ご安心ください。収入がなかったり(無職)、収入があっても不安定だったりする主婦でも、借り入れできるカードローンがあります。

銀行系カードローンの中には専業主婦でも借りれるものがあります。きちんと選べば、無職の主婦でも、堂々と申込み可能です。貸付条件をしっかりチェックして、利用可能な借入先を慎重に選びましょう。

主婦のカードローン選び、キーワードは「自分の年収」

専業主婦は銀行でしか借りれません
主婦が借入先を探す場合、注意しなくてはいけないのは上でも触れたとおり「貸金業者からは借り入れができない」と言う点です。
本人に収入がないと消費者金融でお金は借りられないの?
そうなんです。旦那さんの収入が高くても働いてない奥さんは借りられません。でも、パートやアルバイトで毎月安定して収入があれば大丈夫ですよ。
アコムプロミスアイフルといった消費者金融は貸金業者の分類になり、「貸金業法」と言う法律のもとに運営を行っています。

この「貸金業法」の中に「総量規制」と言う規則があり、貸金業者は申し込んだ人の年収の1/3以上貸してはいけない、という決まりがあります。(ただし、「おまとめ専用ローン」などの目的ローンは総量規制の対象外となり、年収に関係なく融資が可能です)

たとえば、このような感じです。
年収300万円の人
 ⇒借入出来るのは100万円まで

年収90万円の人
 ⇒借入出来るのは30万円まで
つまり、消費者金融系カードローンでは、借り入れできる上限金額が年収から決まります。無職の主婦は年収が0円なので、借り入れ可能額も0円になってしまい、大手消費者金融では借入できない、と言うことになるのです。

ご主人の収入が高くて、収入証明書を提出することができたとしても融資条件に「本人に安定した収入のある方」と書かれていたら、専業主婦の奥様名義での融資はNGです。

※反対に、正社員はもちろんのこと、契約社員やパート・アルバイトなどで自分の収入がある主婦なら、その収入を申告すれば消費者金融でも申込みが可能です。


◆借金返済のコツ
(配偶者貸付について)


仕事をもたない奥様が消費者金融から貸し付けをうける手段として「配偶者貸付」に注目する人が多くいます。

そもそも配偶者貸付とは、貸金業法の中の総量規制除外項目の一つとして定められている方法で、

★夫婦の年収を合算した額の1/3までを貸し付け可能とする

と言うルールです。自分の収入だけでは高額借り入れが出来ない主婦にとっては、まとまった金額が借りられる可能性があり、専業主婦が消費者金融から借りるための裏ワザと思っている人もいるようです。

しかし、実際のところ、収入がない主婦が配偶者貸付で消費者金融から借入することはできません。大手消費者金融では、どこも夫婦の双方に安定収入がないと、配偶者貸付が使えないのです。

また、仮に双方に安定収入があったとしても、それぞれの同意書が必要になりますので、配偶者に内緒で借りることはできません。

年収制限がない銀行カードローンが狙い目

おすすめは専業主婦OKの銀行カードローン
消費者金融が申し込めないとなると、無職の奥様はどこに申し込めば良いでしょうか?

総量規制は貸金業法の中の決まりなので、銀行カードローンには当てはまりません。つまり、無収入の主婦でも、銀行のカードローンなら申し込める可能性があるという事です。

とはいえ、銀行カードローン会社ならどこでもOK、という訳ではありません。銀行カードローンでも「専業主婦不可」の所もあります。また、専業主婦OKでも、限度額などの条件に違いがあります。

専業主婦は、まず主婦OKの銀行カードローンに注目し、その中から条件に合ったものを探すようにしましょう。

専業主婦OKのカードローンは?選び方

では、ここからは専業主婦でも借入出来るカードローンの選び方を紹介して行きましょう。

無職の主婦でも申込み出来るのは、年収による規制がない銀行カードローンです。ただ、銀行カードローンでも、申し込み条件にはたいてい「安定収入のある人」と書かれているものです。

しかし、中には収入のない専業主婦にも融資してくれるカードローンが存在するのです。最近では「無収入の人に融資するのはいかがなものか」という風潮が強まり、表立って「専業主婦OK」とする会社は少なくなりました。したがって、「主婦OK」かどうかを見分けるには、直接問い合わせるしか確実な方法はありません(逆に言えば、電話して聞けばちゃんと答えてもらえます)。

ちなみに、専業主婦でも申し込めるカードローンは、配偶者の収入を申告することで申し込み可能になります。無職でも申し込めるかわりに、限度額に制限がつきます。

専業主婦はいくら借りられる?

無収入の奥様でも申し込めるカード会社では、主婦向けの限度額設定は50万円または30万円になっているところが大半です。

最近では、銀行カードローンの貸し過ぎ問題によって、堂々と「専業主婦でも借りれます」と打ち出しているところは少なくなりました。とはいえ、「収入のない専業主婦の方はお申込みいただけません」と明記しているのでなければ、かなりの確率で専業主婦への融資をおこなっています。

たとえば、借り入れ診断や申し込みフォームに「専業主婦」や「収入のない主婦の方」などの選択肢がある会社は狙い目。判断ができない場合は、申し込みの前に電話で問い合わせしてみましょう。意外とあっさり「大丈夫ですよ」と言ってもらえたりします。

家族に内緒で借りられるカードローンはある?

専業主婦が夫に内緒で借りるなら?
「自分名義で借りられるのは助かるけど、夫や家族に知られてしまうのでは?」

「出来れば配偶者に内緒で借入したいんだけど…」
こちらも、専業主婦OKな銀行カードローンならたいてい大丈夫。配偶者の収入証明書などを求められることはほとんどないので、延滞でもしない限り旦那さんにばれる可能性はかなり低いです。

◆家族にナイショ!お金の借り方

家族にバレるのが怖くてカードローン利用ができないという主婦の方でも、以下の点に気をつければ大丈夫。身内に内緒でお金が借りられます。

(1)連絡先は携帯電話かメールを指定

金融機関からの電話に家の人が出てしまって借金がバレた。結構多いトラブルです。

審査結果などの連絡は自宅ではなく、個人の携帯電話やメールで受け取れるように設定しておきましょう。

(2)利用明細書はインターネットで確認

「自宅に利用明細などの郵便物が届いて家族に借金がばれてしまった」これもよく聞くトラブルです。

多くのキャッシング会社では、インターネットで利用明細書などの書類を受け取れば自宅への郵送を廃止にすることが可能です。

★プロミスの場合、申込時に希望の連絡時間や利用明細書の受取方法を指定することができます。無収入の専業主婦は借りれませんが、パートやアルバイトなら主婦の方でも申し込みOKです。

専業主婦OKでも、ちょっと使いにくいカードローン

さて、専業主婦に限度額50万円を提示しているセブン銀行カードローン。専業主婦でも借り入れできます、と書かれていますが、少々使い勝手の悪い部分があるようです。

セブン銀行カードローンの場合
セブン銀行カードローンも、限度額50万円、専業主婦OK、と宣伝していますが、実はセブン銀行カードローン自体の借入枠の限度額は、50万円が上限です。

セブン銀行の利用限度額には10万円、30万円、50万円、の3つのコースがあり、申込時に高額なコースを選ぶこともできますが、基本的には10万円コースかスタートし、その後増額審査を受けることになります。

増額審査は新規申し込み後、2か月以上経過しないと受け付けてくれないので(サイトに明記してあります)申込時の限度額で50万円がもらえることは難しいと考えた方が良いでしょう。

パート収入ありなら消費者金融でもOK


パートなどで毎月安定収入がある主婦の方は、消費者金融が使えます。正社員じゃなくても問題ありません。

ただし、総量規制があるので利用限度額は制限されてしまいます。

将来的にはなくなってしまう可能性もありますが配偶者控除を受けるために103万円以下、もしくは健康保険や年金の負担を減らすために160万円以下で働いてる主婦の方が多いと思います。それぞれの借入額をまとめてみました。

▼パート主婦のキャッシング利用額
年収 最高借入額 初回借入額
103万円 約34万円 10万円程度
160万円 約53万円 10万円程度
総量規制では、年収の1/3まで融資を受けられることになっていますが、実際に借りられる金額はというと、「初めての借り入れで設定される限度額は10万円くらい」が多いようです。もちろん、優良な利用実績を積み重ねていけば増額に応じてくれる可能性は十分にあります。

また、女性専用カードローンの用意がある金融業者もあります。

女性専用キャッシングと言っても、女性オペレーターが申し込みや返済などの相談に対応してくれる女性専用ダイヤルが設置されてるだけで、一般向けカードローンと金利面や利用条件はかわらないことが多いようですが、アイフルのように限定のローンカードを発行してくれたり、借り過ぎを防ぐ目的で限度額を10万円までに制限している女性専用ローンもあります。

主婦が おまとめ。どのカードローンがおすすめ?

次に、主婦でも申込OKな「おまとめローン」を探しているケースを考えてみましょう。

主婦のおまとめの場合、主婦が借り入れできるカードローンで、もちろん対応できます。

このような借入があるなら、おまとめして金利節約!

専業主婦がおまとめするパターン
クレジットカードのキャッシング
クレジットカードのリボ払い
かつて働いていた時の借金
専業主婦OKのローンをすでに複数借りている
主婦の方が抱えている借金と言うと、このようなケースがあげられます。

クレジットのキャッシング&リボ
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを抱えている場合、カードローンの利用に切り替えるだけで金利を かなり抑える効果があります。

したがって、すぐに返済できないリボ払いやキャッシングを抱えている場合は、カードローンに切り替えた方がかなりの利息節約になります。

他社借り入れがある場合
かつて仕事をしていた時代に作ってしまった借金や、専業主婦OKのローンを何社か借りてしまった場合など、すでに複数の借入がある場合は、少々難しいケースとなります。

高額の借金がある場合、配偶者や家族に隠したまま整理するのはかなり難しいケースもあると思います。

専業主婦でも借りられる銀行系キャッシング(カードローン)の場合でも、申込時に他社の借入件数や金額は申告が義務付けられています。したがって、新規での銀行カードローン利用ができないこともかんがえられます。

もし金利の安い銀行系カードローンで新規借り入れできた場合、すでにある借金の金利が高いものから返済し、借金の一部借り換えまたは一部おまとめが可能です。

専業主婦のカードローンは限度額が最高でも50万円までと決まっていますので、大口のおまとめは難しくなります。

しかし、借り入れ件数や金額を出来るだけ減らした方が、新規の申込や限度額の増額はしやすくなりますので、地道にまとめていくようにしましょう。

とすると、やはり専業主婦でも最高50万円までの融資が可能な銀行系カードローンが第一選択です。

月々の返済は怠ることなく、コツコツと借入額を減らして、タイミングを見ておまとめしていくのが、結局のところ借金返済の近道です。

関連ページ

「主婦でもできる借金返済」コツと裏技!
「収入が不安の方の」おまとめローン!カードローン!