消費者金融の審査に通らない理由、他社借入は何件まで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
消費者金融の審査の基準は、アコムSMBCモビットアイフルプロミス など、各社で微妙に異なります。

しかし、大まかな「これは審査NG!」というラインはどこも共通しています。要は「この人はお金を貸してもいいのか? ちゃんと返してくれる人なのか?」を審査基準としているのです。

もう少しくわしくお話しましょう。

消費者金融で審査に落ちてしまう理由は、大きく3つに分けられます。
(1)「金融事故(延滞)」など、一発アウトになる4つの条件に該当するケース

(2) 年収や勤務先などの、属性スコアリング(採点)が基準値を満たさないケース

(3)嘘の申告や記入間違いなどの論外のケース
このページでは、上記の3つの理由について、具体例をもとにくわしく解説するとともに、

・では、どう対策をすればよいのか?
・どこの会社なら審査に通りやすそうか?


についてもお教えいたします。
審査を通過できなかった人、必見です。

審査で1発アウトになる4つのケース

審査に落ちる4つのパターン

【ケース1】他社での借り入れが4件以上ある

消費者金融の審査では、他社での借入れ件数が重要になります。

消費者金融では他社借入れが4件以上でアウト。すでに4件借りている人は、無理に5件めの借入申し込みをしないほうが得策です。まずはこれだけ憶えておきましょう。(ちなみに銀行カードローンの場合はすでに3件の借入れがある人はアウト。ただし、「おまとめローン」は別)

つまり消費者金融の審査において、すでに借入れが4件以上ある多重債務者は、ほとんどの場合、審査に落とされてしまう、ということです。

◆えっ? 借入してる金額はそれほど重要ではないの?

すでに借り入れしている「金額の多さ」も、もちろん重要な審査の判断基準であることに間違いはありません。

というのも、消費者金融は貸金業法の総量規制が適用されるため、年収の3分の1までしかお金が借りられない仕組みになっているからです。

ただし!

それは借り入れ件数(多重債務)のように、1発でNGになってしまう条件ではありません。

たとえば、100万円を1社から借りている人と、60万円を3社から20万円ずつ借りてる人がいたとします。

100万円を1社から借りてる人は、高額の限度額を設定されている=返済能力が高く信用度の高い優良な顧客と見なされるでしょう。

しかし、3社から借りてる人は1社で少ししか貸してもらえない=信用も低いとみなされ、さらには他の3社からも借りてる=よほどお金に困っていて、返済能力が低い顧客と見なされてしまうからです。
借入件数が多い方が不利
これは、なにも消費者金融に限った話ではなく、銀行やクレジットカードも含めたキャッシング審査のすべてに言えることです。

要するに、カードローンの審査では借入金額の多さよりも、他社での借入件数の多さの方が、確実に重要視されるということです。
ここで一つ注意。住宅ローンや奨学金など、公的機関からの借入れや有担保ローンに関しては「借入れ件数の多さ」にカウントされず、審査の対象として含まれないことが多いです。

他社での借入がいよいよ4件に足を踏み込んでしまったのなら、総量規制対象外のおまとめローン、借り換えローンで借金を1本化、または任意整理などを含めた債務整理も視野に入れて対策を練るべきだと言えます。

借金がいくら減るかわかるサイト(借金減額シミュレーター)

◆銀行カードローンの審査は消費者金融!?

2006年~2010年頃の「貸金業法大改正」により、かつての「サラ金」イメージが強かった消費者金融は多くの中小企業が淘汰され、また一部は銀行の傘下に入ることで生き残りを図りました。

結果、現在の大手消費者金融のほとんどはメガバンクのグループ企業となり、その融資ノウハウを活かし銀行カードローンの審査・保証業務を担っています。銀行カードローンのハードルが下がったと言われるようになったのも、これが理由ですね。

主な銀行カードローンと保証会社は以下の通りです。

▼カードローン会社(銀行)と保証会社
銀行カードローン 保証会社
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック アコム
オリックス銀行カードローン オリックスクレジット
新生フィナンシャル
じぶん銀行じぶんローン アコム
三井住友銀行カードローン SMBCコンシュ‐マ‐ファイナンス(プロミス)
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
ジャパンネット銀行カードローン SMBCコンシュ‐マ‐ファイナンス(プロミス)
イオン銀行カードローン イオンクレジットサービス
オリックスクレジット
東京スター銀行スターローン TSBキャピタル
楽天銀行カードローン 楽天カード
セディナ
銀行カードローンにチャレンジする、という人がいたら、保証会社に注目してみてください。もし、かつて審査に落ちたことのある金融機関と同じ保証会社を使っていたら、今回も同じ結果になる可能性が高いです。可能ならば、まったく別の保証会社が入っているローンを選ぶのが良いでしょう。

【ケース2】勤続年数が短かすぎる

勤続年数は盲点になる
消費者金融の利用条件は、「満20才以上、69才以下の、安定した収入がある人」となっています。正社員でなくとも、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートでもお金を借りることができます。(むしろバイトの方は消費者金融にとってお得意様です)

つまり、毎月定期的に収入を得ていれば、返済能力は確実にあるとみなされているわけです。

ただし!
それでも(正社員であろうとも)あっけなく審査に落とされてしまう「大事な審査条件」があります。その1つが「勤続年数」です。

「なぜ審査で落とされたんだろう?」と不思議に思う人の原因として最も多いのが、実はこの「勤続年数」なんですね。

消費者金融としては末長くキャッシングを利用してほしい。そのためには、会社にも末長く勤務して毎月きちんと返済してもらう必要があります。しかし、勤続年数が長いなら今後も長く勤務し続ける=安定した収入がある顧客となる可能性が高いのですが…。

これが勤続年数わずか1ヶ月のアルバイトだったらどうでしょう? (離職のタイミングで最も多いのは、働き始めてから「半年以内」なのです)
来月にでも辞めてしまって、元の無収入に戻ってしまう可能性のある人にお金を貸すでしょうか?

そこで、消費者金融の場合は、基本的に勤続年数の最低ラインを半年と設定している金融会社が多いです(銀行カードローンは1年が目安)。

つまり、勤続年数が半年以下だと、クレジットカードや消費者金融は1発で審査落ち。
銀行カードローンだったら1年未満だと審査で門前払いされる確率が高いです。これが審査で1発アウトを喰らってしまう第2のケースです。

勤続年数での評価の違いは以下の表にまとめました。

▼勤続年数での評価(消費者金融)
勤続年数 評価
5年以上
1年~3年
6か月~1年
6か月未満 ×(1発アウト)
明確なのは、勤続年数が半年未満なら、どこの審査でも門前払い。まだ働いて半年に満たないのであれば、最低1年以上は申し込むのを我慢しましょう。

ただし!
公務員の方は別です。勤続年数が4ヶ月くらいでも審査に通ってしまうことがあります。

もちろん理由があります。「公務員は、すぐに離職したりしない」という結果がデータによりハッキリしているからです。

【ケース3】金融事故を起こしたことがある

起こしてはいけない金融事故
金融事故とは、3か月以上にわたる返済の遅延や自己破産、債務整理などのトラブルを起こしてしまい、通常通りの返済ができなくなること。

つまり、「お金を返せなくなること」「貸し倒れ」ですね。これが俗に言う「ブラックリスト入り」です。(個人信用情報に事故情報(異動情報)が記録されてしまうことを意味します)

金融事故歴が個人情報に記録されると、1年から10年ほどは記録が残るため、その間はどこからもキャッシングができなくなります。(事故の内容によって年数は変わります)

「ブラックでも借りれる」と宣伝する消費者金融は100%闇金です。絶対に手を出してはいけませんよ。 ヤミ金か判断できない場合は、金融庁のホームページで「貸金業」に登録しているかチェックしてみてください。
もしも、自分の信用情報が気になるのなら、個人信用情報機関に開示請求を出せば、信用情報を自分の目で確認することができます。

自分の信用情報に問題があることに気づかないまま、申し込むたび審査に落とされていたら、いずれ申込みブラックになるので、心配な方は自分で確認しましょう。

消費者金融の申し込み履歴や延滞・ブラックがすぐわかる信用情報とは
◆「個人信用情報」とは、そもそも何?

個人信用情報とは簡単に言って「あなたのお金の貸し借りに関する履歴書」です。個人信用情報センターというデータバンクに記録されているものです。

なので、消費者金融や銀行でお金を借りる時の審査では必ず調べられてしまいます。

個人信用情報にはこのような情報が記録されています。

●氏名、生年月日、住所、電話番号 、勤務先などの個人情報
●クレジットカード、キャッシング、ローン契約の内容、借入状況、返済状況、利用記録。過去の過払い金の請求記録。
●金融事故情報


これらが一目瞭然で丸わかりなので、ウソの申告でごまかすことは不可能なのです。

【ケース4】多重申込みをしたことがある(申し込みブラック)

多重申込は申込みブラックになる
審査を通過できない焦りから、短期間で何社にも申し込んでしまう人がいます。しかし、それはとても危険なことです。

特に1ヶ月以内に4件以上の多重申込みをすると「申込みブラック」という不名誉な名前がついてしまううえ、審査は間違いなく1発アウトになります

どうして、申込みブラックは審査で落とされてしまうのか?

それは、まず審査落ちしても、手当たり次第に申し込んでいる=よほどお金に困っているという判断をされてしまうからです。

加えて、すでに複数社の審査にも落ちまくっている=信用度も低いと思われてしまいます。

そんな人にお金を貸したところで、ちゃんと返してくれるのか? 答えはNO! 融資会社は間違いなくそう判断します。なので申込みブラックは審査で1発アウトです。

しかも、申込みブラックは審査の合否に関係なく、1ヶ月以内に4件以上申し込みをした時点で申込みブラック確定です。他社での申込み記録も個人信用情報でばっちり確認されてしまうので、ウソやごまかしも通用しません。

もし、申込みブラックの状態になってしまったら、申し込み記録が消えるまでの半年間は一切申込みが出来なくなります。お金に困っていても、半年間は融資を受けることができないのです。

それが嫌なら、たとえ審査に落ちても手当たり次第に他社に申し込むのをやめましょう。時には、あきらめも必要です。

そして、審査に落ちたならいちど「なぜ自分が審査に落ちてしまったのか?」をよく考えリサーチしましょう。そこで、審査に落ちた理由が判明したら、あとはあきらめずにカードローン審査基準を満たすための努力をしてください。

消費者金融の申し込みブラックに注意!!審査に落ちた場合の対処法
これまで解説してきた、4つのケースのうち(勤続年数を除いた)3つのケースはどれも通常の借入れをしていれば防ぐことの出来る事態です。

そのような事態が起きてしまう原因としてありがちなのは、生活費やギャンブルのお金をキャッシングで工面しようとしてしまうこと。無理な借り入れが祟り、1発アウトのケースに陥りやすいです。また、結局返し切れず、借金返済のための借金をしてしまう人。これはキャッシング体験談として非常にありがちです。

そんな事態を引き起こさないためにも、キャッシングは、正しく、計画的に行う必要があります。生活費が足りないのなら、家計簿を見直して節約をしましょう。ギャンブルのために借金をするなんてもってのほかです!

年収・限度額・ブラック!消費者金融の審査に一番影響があるのは?
◆自分は果たして審査を通過するか? 借入診断をしてみよう!

アコム公式HPの匿名で行えるお試し診断で、どういった条件なら合格と診断されるのかをシミュレーションしてみました。

カードローン会社の各社の公式サイトでは、こうした「借り入れ診断」「3秒診断」といったものを行っていますが、無記名で、申し込みせずに、おおよその審査結果が予測できるので、使わない手はありません。

ちなみに、審査のハードルの低いカードローンほど、この「借入診断」を行っていることが多いです。
アコム借入診断1
▼今回シミュレーションしてみる条件
年齢40歳
男性独身
他社借入3件
借り入れ合計300万円

と入力して….
アコム借入診断2
診断開始ボタンをクリック!

果たして診断結果はどうなるのか!?

アコム借入診断3
すると、びっくり! 診断結果は融資可能とでました。

アコムは他社借入件数には寛容であることがわかります。

ただし、借入診断はあくまでも仮審査ですから、上記の条件で実際の審査にも通過できるかは保証できません。

アコムだけでなく、このようなお試し診断を大手消費者金融各社が公式ホームページで行っています。

匿名で出来るので記録が残ることもありません。申込みをする前に是非活用してみてください。

属性(申し込んだ人の状況)が審査基準を満たさなかった場合

属性はスコアリング方式で審査される

属性はひとつずつ採点される
「他社借入も延滞もしていないのに、なぜか審査に落ちてしまった….」

その場合は属性の審査が審査基準に満たなかった可能性があります

属性とは「年齢」、「職業」、「収入」など、その人を構成する情報のこと。属性が分かれば、その人の社会的立場や信用度が把握できるため、審査ではとても重要な判断材料となります。

単純に考えても、日雇い労働者より国家公務員にお金を貸したほうが、貸し倒れのリスクは少なそうですよね? 要するにそういった諸条件の情報をコンピューターがひとつずつ「スコアリング方式(点数化)」で採点するわけです。

スコアリングで採点される主な属性は以下の項目です。

◆スコアリングで採点される主な属性

  ● 年齢
  ● 性別
  ● 家族構成
  ● 職種
  ● 勤務先
  ● 勤務年数
  ● 年収
  ● 住所
  ● 住居の種類
  ● 携帯電話番号
  ● 固定電話の有無
  ● 配偶者の有無
  ● 子供の有無

など
なかでも、スコアリングで特に重要視されるのは、職業、勤務年数、勤務先、家族構成、居住形態、他社での借入れ、過去の返済履歴の情報です。

それらの属性がどういった内容だと、高得点になるのか? 以下の表にまとめました。

▼属性高ポイント一覧
属性情報 高ポイント
職業 医療系、公務員、弁護士など特別な資格を持つ職業だと高得点
勤務年数 長いほど高得点
勤務先 資本金と従業員が多いほど高得点
家族構成 独身で親と同居
または既婚で子供なしだと高得点
居住形態 自分名義の持ち家だと高得点
他社での借入れ 少ないほど高得点
過去の返済履歴 延滞や遅延がないほど高得点
金融会社によって細かく違いはあるものの、どの属性が重要視され高得点を獲得するかは、どこの会社でも同じです。

たとえば、職業は公務員や医師など資格を要する職業が高得点です。反対に収入が多くても、自営業や水商売は評価が低い傾向にあります。収入の浮き沈みが激しいからです。

この「スコアリング方式」を審査では1番最初に行い、2番目に個人信用情報のチェック。そして、3番目に電話による在宅、在籍確認。

それらの結果をデータにしたものをまとめ、審査担当者の上司が「審査が合格か不合格か?」合格の場合は「限度額をいくらにするか?」などを最終的には決めます。
属性審査、信用情報照会、電話の確認、これが審査の主な流れになります。

スコアリングで高得点をとるためのコツ

スコアリング審査で評価を上げるには?
たとえ、個人信用情報に問題はなくても、属性で落とされてしまうことは多々あります。

そうとなれば、属性で高得点を獲得するために努力するしかありません。では具体的にはどうすればいいのか?

それは、適切なタイミングで申込みをすることが重要になります。

たとえば、勤続年数が半年足らずの状態で申込みをしても審査は落とされてしまうので、勤続年数が1年になるまで申込むのを我慢する。居住年数も長い方が有利ですから、今後引っ越す予定があるなら、申込みは引越し前のタイミングでしておくべきです。

というように、属性が高評価されるであろうタイミングを見計らって申込みをすることが、審査を通過する鍵となります。

カードローンの審査で重要な属性とは?信用情報とは?評価をあげる6つのコツ

論外のケース

申込みの記入漏れや入力ミス

申込みの記入漏れや入力ミス
近年はネット上での申込みが主流になり、スマホからでも気軽に申込みが出来ます。

しかし、気軽だからこそ漢字変換のミスや誤字脱字をしたまま申込みをして、審査に落とされる恥ずかしい事態も多発しています。

最も間違えが多くて、同時に最も間違えが許されないのは電話番号と住所

なぜなら、審査では電話連絡による本人確認や勤務先への在籍確認を必ずおこないます。しかし、番号を間違えたせいで連絡が出来なければ、審査も通過させようがありません。住所もしかりです。

考えてもみてください。連絡できない人に、あなたはお金を貸すでしょうか? それは消費者金融も同じなのです。

しかも、記入ミスというのは申込み者にとっては「うっかり」した間違いですが、その内容が事実と異なるのなら、金融会社側はウソの申告と判断する可能性も充分にあり得ます。

記入ミスや間違いの申告は事実と異なるため怪しいだけでなく、責任感に欠けるだらしない人間という悪印象までも与えてしまいます。キャッシングローンには担保も保証人もありません。つまり、キャッシング会社にとって、「借りる人が信用できるかどうか」が全てなのです。

実際、文字の誤字脱字などの些細な行動にも気をつける人は責任感も強く、返済日もきちんと守る傾向にあります。

履歴書を書くところから面接は始まっていると言われるように、申込み情報の記入から、すでに審査は始まっているという緊張感を持ちましょう。

急いでいても焦らず丁寧に記入する。そして、記入したらミスはないか何度も確認です。

せっかく、信用情報も属性も合格だったのに、うっかりした記入ミスで審査落ちなんてことは悔しいし恥ずかしすぎますよね。

ウソの申告に良いこと無し

審査で嘘はハイリスク
言語道断なのはウソをつくこと。お金を借りるときは、大抵お金に困ってる時なのでみんな切羽詰まっています。

実は、申込みをする際に多少のウソやごまかしをする人は、申込み者全体のなかで毎年30%ほどはいると言われています。

個人情報は自己申告をする形式ですから、基本的にウソはつき放題です。

しかし、「裏どり」と言って消費者金融は申告された情報にウソがないかを徹底的に調べ上げて確認します。したがって、ウソは必ずバレるのです。彼らはその道のプロです。

また、消費者金融は定期的にカードローン利用者の信用情報の確認をしている(「途上与信」といいます)ため、ウソの情報でひとまず審査は通過しても、後日ウソがバレることもあるのです。

途中で重大な虚偽申告がバレた場合、よくて融資停止、最悪なパターンでは強制解約の上一括返済を求められ、返済できずに自己破産…なんてことも。当然、一定期間は他社でのキャッシングも出来なくなります。

つまり、消費者金融であろうと銀行系であろうと自動車ローンであろうと、カードローン全般の会社にウソをつくのは非常に危険なことなのです。

あなたはウソをつく人にお金を貸せますか? 信頼関係で成り立つお金の貸し借りでウソは論外。虚偽の申告をすれば審査落ちどころか、他社のキャッシング審査にも通らなくなってしまいます。

対抗策は言うまでもなく、自分に自信がなくても、すべて正直に申告をすること。それで審査を落とされてしまったら、審査基準を満たせるように頑張ればいいんです。

審査ハードルの低いキャッシング会社、5つの共通点

借りやすいカードローン会社とは
まず、審査ハードルが高くない消費者金融には、4つの共通点があります。

【1】無利息期間サービスが充実してる
【2】高めの金利設定
【3】公式HPで匿名の借入診断ができる
【4】審査スピードが速く即日融資にも対応している(重要!)

特に【4】の即日融資対応で「最短30分!」などと審査の速さをウリにしている消費者金融は、審査が速いぶん、時間をかけた「厳密で詳細な審査」をおこなっていません 。ある程度の判断をコンピューターにまかせ、「明らかにまずそうな人」だけふるい落としているわけですね。自動契約機を設置しているのも、スピーディーな審査を行う証拠です。

したがって、審査スピードを売りにする消費者金融は、銀行系カードローンなどと比べると審査に通りやすいといえます。(ただし、信用情報に問題がある人などの審査は当然時間がかかります)

以上の5つの共通点に当てはまるのは、テレビや広告で大々的に宣伝をする大手消費者金融です。

評判が高いのは、

(A) アコム
(B) プロミス
(C) アイフル

です。
しかし、この3社の審査が「甘い」わけでは決してありません。

金融事故など1発アウトに当てはまる人は、この3社であろうと銀行系カードローンであろうと絶対に審査は落とされます

信用情報にも傷がなく、1発アウトに当てはまらないクリーンな人にとっては、この3社は審査通過率が高いと言えます。

(A) アコム

他社借り入れが3件までなら、アコムがおすすめできます。融資限度額は800万円までと、高額融資にも積極的。(ただし、総量規制の関係で年収の1/3以上は借りれません)

たとえ他社借入があっても、それぞれ毎月遅延せずに返済していて、借入額が総量規制の範囲を超えていなければ、アコム審査に通る可能性はあります。

ただし、複数社に借入れがあると、借入限度額は1番低い10万円以下に設定されることを覚悟してください。また、借入れ件数が4件を超える場合は、さすがのアコムでも厳しいです。借入件数の多い人は、まずは1件、借入れを減らすことから始めましょう。


消費者金融アコムのお金の借り方【完全ガイド】
アコムは永作博美のCMでもおなじみだよね。審査はどうなの?
特別審査ハードルが低いというわけではありませんが、成約率(申込件数に対して、審査に通った人の割合)は大手消費者金融の中でもトップなんですよ。
全国の有人店舗数も、プロミス・アイフルを抜いて1位。三菱UFJフィナンシャルグループなので、安心感もばっちりです。もちろん、初回の借り入れなら30日間利息がゼロになる無利息サービスもあります。


(B) プロミス

プロミスは申込みから融資までをすべて インターネット上で済ませられる「Web 完結申し込み」も可能なのが特徴で、審査スピードは他社と比較するとずば抜けて早いです。そのため即日融資を希望する人は、プロミスがおすすめ。

ただし、正直なところ、プロミスは消費者金 融の中では審査が厳しめではあります

この理由の一つは「金利の低さ」にあります。他3社の最高金利が18%なのに対して、プロミスは17.8%と低めに設定されています。

金利が低いということは、その分確実に利息をとっていかなければ、もうけになりません。したがって、金利が高い会社よりも申込者の返済能力は重視される傾向にあり、審査も厳しくなります


消費者金融プロミスのお金の借り方【完全ガイド】
プロミスは審査が厳しめなのか。
確かに「成約率」ではアコム、アイフルに若干おとりますが、銀行のカードローンよりはずっと高い数字なんですよ。
プロミスには、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば手続きからわずか10秒で銀行口座へ振込キャッシングをしてくれる「瞬フリ」というサービスがあるので、急な出費が多い人にはおすすめです。また、書類やカードの受け取りのない、ネット申し込み(WEB申込)も便利ですよ。


(C) アイフル

4社の中でもアイフルの審査が一番通り やすいです。金融事故や他社借り入れが なく、安定した収入があり、最低限の審 査基準をきちんと満たしていれば高確 率で審査に通るはず。

実際、「他社の審査では落ちたけど、アイフルでは通った」という体験談が非常に多いんですよ。


消費者金融アイフルのお金の借り方【完全ガイド】
アイフルって、プロミスやアコムみたいに銀行のグループ企業になってないよね?
そうです。アイフルは大手消費者金融の中でも老舗で、唯一銀行の傘下に入っていません。アイフルは銀行グループではなく、母体銀行と住み分けをする必要がない分、商品展開も豊富なんですよ。フリーローンの他にも、ビジネスローン(事業サポートプラン)や、教育ローンなどの目的ローンも充実しています。
◆審査に不安がある人は「希望借入額」を抑えて!

勤務期間や借入件数・金額が、アウトまではいかないけど微妙…という人は、カードローン申込みの時に借入希望額を少なめにしておきましょう。

数万円~10万円以内の少額融資なら、消費者金融側の警戒も緩くなりやすいです。

10万円以下なら返済額も小さく完済に持ち込みやすいので、もし希望額以上の融資枠がついても、借りる金額は必要最低限にすることを心がけてください。
消費者金融は審査が甘いって評判だけど本当は?

関連ページ

金利が低い・限度額が高いなど
 目的で消費者金融が選べるよ!!
消費者金融の審査基準
「審査に通るコツ」について教えちゃうよ!!